×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

わたし。


[Return Index]

 金色の髪をした女と判れた後、私は木の実をとってそれをたらふく食べた。そして、その後少し眠った。

 起きると、辺りはもう暗くなっていた。
 夜はできるだけ動かないほうがいい。
 そう思った。

 だけど、何故か私は歩かずにいられなくなってきた。
 私はすっと立ち上がり、暗闇の中を歩き出す。

 一歩、一歩、歩くごとに、心臓がドクン、ドクンと高鳴った。
 近づいてる――。
 何に近づいているかは判らない、だけど、何故かそう思えた。
 どんどん近くなっていってる――。
 ドクン、と大きく心臓が又、高鳴る。
 ドクン、ドクン、ドクン。
 帰ろう、そう思ったけど、何故か体がいうことをきかなくなっていた。
 また一歩、また一歩と脚は前に踏み出す。
 ――帰りたい。
 その気持ちとは裏腹に、私の足はまた一歩、と前に進んだ。
 目に映ったのは、相澤祐一の姿。

 ドクン――。

 心臓が大きく高鳴った。
 その瞬間、ぐらり、と世界が揺れたような気がした。
 意識が遠のいていく。
 気が付いた時、私は祐一に向かってパチンコを発射していたあとだった。

[←Before Page] [Next Page→]