×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 ビュッっと音がしたと思えば、右肩を何かが霞めた。
「な、なんだっ!?」
「祐一っ、覚悟っ!」
 目の前にいたのは沢渡真琴だった。
「な、真琴っ!?」
 真琴に出会えた。それは正直いって嬉しかった。

だけど――こんな状況になるなんて思ってもみなかった。

「なぁ、真琴。冗談だろ?」
 真琴は有無を言わず、玉をパチンコにセットして、また、撃った。
 ヒュンと、玉は相沢祐一の顔の横を霞めた。
 くっ。っと相沢祐一は唇をかみ締めこうおもった。
 誰も殺させないと思ってた。みんなを守ろうと思ってた。しかし俺が狙われるとは……。しくじった。予想外の展開だ。
「真琴、落ち着け、とりあえず落ち着くんだ!」
「うるさい、祐一っ!」
 真琴は話を聞く気などない。しかし、真琴をとめないとどうしようもない。俺が死ぬだけだ。
 だけど、俺はここで死ぬわけにはいかない。――茜に逢うまではっ。
 しかし、真琴を撃つ訳には……。

 真琴はまた、パチンコに玉をセットした。
「祐一っ! かくごーーーっ!」
「やめなさいっ、真琴っ!」

 大きな声が辺り一面に響いた。
 その声は天野美汐の声だった。

[←Before Page] [Next Page→]