×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「くっ……!」
「気付いたようだな、少年」
 痛みによって目が覚めた。
 目の前には先程の医者。もう一人の少女はいない。
 続いて自分の体を見る。
「これは……あんたがやったのか?」
「怪我人を手当てするのは医者の務めだ。どんな者でもな」
「頭悪いんじゃねぇのか? 俺がもう一度あんたらを襲ったらどうする?」
「ぬかりはない。君の武器はマナ君が捨てに行っている」
「……」
「どうだ?」
「……ちっ」
 言い捨て、目を逸らした。
「君は何故人を殺す?」
「決まってるじゃねーか、生きて帰りたいからだよ」
 めんどくさそうに答える。
「後に楽できるんなら、苦労はとっととやっておくもんだぜ。
 めんどくせーけどな」
「そうか。ならばこのまま野放しにしておくわけにはいかないな」
 聖はそう言って、またどこからかメスを取り出した。
「殺すのか?」
「馬鹿を言うな。医者が人を殺しちゃいかん。
 このメスにはちょっとした薬が塗ってある。
 速効性だから、すぐ眠くなるはずだ。
 マナ君が戻ってきたら、眠ってもらう。
 そうした後に、そこらの木にくくりつけさせてもらうよ。
 その間に、トンズラだ」
 その言葉に浩之は苦笑した。
「おいおい、結局は見殺しじゃねぇか。
 だったらとっとと殺せよ、めんどくせぇ」
「私は医者だ。人は殺せない。
 しかし出来ることにも限りがあるのでな。
 君が改心するつもりがないなら……仕方がない。
 精神科は私の範疇ではないのでな」
 その声には、今までのような張りはなかった。
 見殺しという事実に苦悩しているのだろう。
「けっ……かったりぃこと言ってやがる」
「性分だ。仕方あるまい」
 もう浩之は喋らなかった。
 この医者が自分を殺すつもりがないのはわかった。
 ならば後は待てばいい。罠にかかる瞬間を。
 これは賭けでもあるが、実際のところ負けてもよかった。
 ――かったるいから――
「何か隠しているな?」
「さぁな?」
「患者の嘘を見抜くのは得意だ、何を隠している」
 メスを持ち浩之に責めよる。
 次の瞬間。

「きゃぁぁっ!」

 森に、マナの悲鳴がこだました。

「マナ君!?」
 その一瞬だけ、注意が逸れる。
「だから甘いんだよ!」
 隙を狙い、浩之は声のした方へ駆け出した。
「くっ、しまった!」
 急いで後を追う。
 だが夜の森の中だ、走り辛いことこの上ない。
 運動神経のよい浩之に、差は離されていくばかりだ。
(あの少年……何故あんなに早く走れる?
 迂闊だった……マナ君が戻ってくるまで眠らせておくべきだった!)
 自分の迂闊さを呪うも、既に遅かった。
 破れかぶれでメスを投げるも、ことごとく当たらない。
(腕も鈍ったものだ……くそっ)

「霧島先生!」
 辿り着いた先に見た光景は、倒れているマナに向かい、ナイフを突き付けている浩之の姿だった。
 マナの足には矢が数本刺さっている。早く手当てしないと、傷口が化膿して大変なことになるのは明白だった。
「わかってるよな、動くなよ。
 動いたら、即、こいつを殺す。」
「先生……」
 マナは怯える視線を送るだけだ。
 『助けて!』と、自分の身だけを考える発言はできなかった。
 『私のことは構わないで!』と、自分の命を投げ出すこともできなかった。
 ただ怯え、震えるだけ。
「陳腐な脅し文句だな……何をした、少年?」
 その声は震えている。
「教える必要もないが、いいか。
 ちょっとした罠だよ。糸を張っておき、引っ掛かったら矢が発射される。
 これを4つだけ森に仕掛けておいた。
 運がよかったよ、用心するに越したことはない。で――」
 落ちていた銃に手を延ばす。
「まだどっかに捨てられてなかったみたいだ。
 こいつも、運がよかったよ」
 銃を構え、聖に向ける。
「……私の命はやる。だが、マナ君は見逃せ」
「先生――」
「あんたの言葉も陳腐だよ。じゃあな――」

 そう言ったときだった。
「このっ」
 マナが浩之の腕に噛み付いた。
「っ!?」
 怯え切ったマナに、こんなことをする度胸はないと踏んでいたが、どうやらこちらも甘かったみたいだ。
「マナ君、逃げろっ」
 言いながら、浩之が隙を見せた瞬間、聖はメスを持って間をつめる。
 が、遅かった。
 ダンッ、ダンッ!
 二発。聖の体に叩き込む。
 崩れ落ちる聖の体。
 次にマナへと銃を向け。
 足に痛みが走る。
 ――しくじった、さっきのメスだ――
「……速効性は伊達じゃない……」
 聖の声が遠くに聞こえる。
 その時にはもう、浩之の意識は闇に落ちるところだった。

「先生! 先生!」
「……ははっ、油断したよ……」
 聖に駆け寄るマナ。聖の体は既に、冷たくなりつつあった。
「私が……私が……」
「気に、するな……生きていてくれれば、それでいい。
 そんなことより、早く逃げろ。私は、もう、ダメだから」
「そんなっ!」
「私は医者だぞ? 医者の言うことは聞け……」
「先生……」
 マナの目には涙が浮かんでいる。
「いいから早く……その足じゃ満足に動けないだろうが、私にはもう、治療できない。
 こいつが目覚ます前に早く……」
「どうして! 殺せばいいじゃないですか!!」
 マナの声が響く。
「……私は医者なんだ。君も医者の助手だ……。
 やはり甘いな、私は……」
「……せんせぇ……」
「早く……行くんだ……
 元気でな……」
 僅かの沈黙の後、涙を拭い、言う。
「はい、先生。ありがとうございます……
 さよなら……」

 静かだ……。
 もう、死ぬな……。
 佳乃……。
 すまないな、こんなお姉ちゃんで……。

032霧島聖 死亡
【残り78人】

[←Before Page] [Next Page→]