×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「高槻殿。」
「なんだ?」
報告に来た兵士に背を向けたまま。不遜な言葉使いで答える高槻。
「…じつは、部隊の一部が我々の指示を離れて、一部の参加者に対して
 攻撃を行っていると言う情報が入りまして…申し訳ありません。」
「こまるんだよなぁ、勝手なことをされちゃあ」
チャリ…
振り向きざま、兵士に対して何の躊躇もなく銃を向ける。
「た、高槻どのっ。」
「で、誰を攻撃しているんだ。返答によっては、このまま引き金を引くが?」
うすい笑みをたたえながら、回答をせまる。
「はい、あ、あの。保科智子、巳間晴香の二名です。」
「そうか。」
うれしそうな表情をうかべ、銃をおろす。
…そうか、おもしろい。さあ、どうする巳間の妹。
この難関をくぐりぬけて、俺の元まで辿り着くことができるのかな。
「クッ、クックックッ…」
笑いを押し殺しながら、彼の脳裏に浮かんでいたのは。
かつて自らが貫いた、晴香の瑞々しい裸体だった。

「どないなっとんねんー」
隣の木の陰に身を隠した智子が、その手にした「S&W M586」の引き金を引く。

…私達は公民館が炎に包まれる中、出来る限りの手がかりを探した。
だけど見つかったのは、残されていたいくつかの武器だけ。
その中から私と智子、そしてあかりの為に3つの銃を持ち出したのだけど。
燃え落ちる建物を後にしようとしたその時、ジープに乗った4人の兵士がやって来たのだ。

「わたしたちが放火魔だとでも思っているんでしょ。」
「ベレッタ92F」に装弾しながら返事を返す。

私達を見るなり、彼らは発砲してきた。体勢を立て直す間もないまま、西側の林に逃げ込んだ。
本当は、さっきの出来事について智子に問い直したかった。
あの少年は何者なのか、と。
だが、そんな暇さえありはしなかったし、それよりも心配なことがあるのだ。
…あかりを置いてきてしまった。
彼女がいるのはここより北側の林の中だ。敵に見つかることはないと思うけど、
彼女には有効な武器がない。あんな爆弾じゃあ、至近距離の敵は倒せない。
不安がるあかりの顔が脳裏に浮かんだ。無性に切なくなった。

そんなことを考えている間でも、戦闘は続いているのだ…
「ちぃっ!あーもう面倒や!」
そう言うと智子は、自動小銃(64式)に持ち替え、木の陰から踊り出た。
「みぃんな、いてまえ!」
タタタタタタタタタン!
射撃時の反動に負けないように両足を広げ、脇を締め、両手で持ちながら
ジープの陰に隠れた兵士たちを撃つ。
…かっこいいじゃない。
負けられないわね、これじゃあ。
わたしは意を決して、自分の持つ「力」を発動させながら、
もはや使い慣れた日本刀を手に、敵の中に斬り込んでいった…

[←Before Page] [Next Page→]