×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お姉さん


[Return Index]

「…おなかすいた。」
「…さっき食べたじゃない。」
服のすそを引っ張る繭に真琴はこたえる。
合流してから二人は、たびたびの休憩を取りながら神社のほうへ移動していた。
本来ならこんな見晴らしのいい場所にいるべきではないが、
この状況で暗い森の中にいる度胸は二人にはなかったのだ。
「みゅ〜。」
「こ、これは真琴のだからね!」
ものほしそうに見つめる繭から、食べかけの木の実を隠す。
「みゅ〜!みゅ〜!」
「あぅーっ、いたい、いたいってば!」
髪を引っ張る繭に、真琴は声を荒げてしまう。
「うぐっ、うぅっ、うぅ…」
途端に崩れだす繭の顔。慌てて真琴はなだめようとするがもう遅い。
「うわぁぁぁぁんっ」
「な、なによぅ。泣かないでよ。これ真琴のなんだから…」
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁんっ」
「あぅー…」
次第に大きくなる泣き声に、真琴の顔も崩れていく。目が潤んでくる。
『私だってこわいのに、心細いのに…』
『泣きたいのはあんただけじゃないんだからぁ!』
そう怒鳴りつけようと思って、思いっきり泣きじゃくろうとして、でも、
『だからお前はガキなんだよ。』
そんなからかう声を思い出した。

『私、ガキじゃない!』
真琴はそんな時いつもそいつにそういっていた。
そう、私はガキじゃない。私はお姉さんだ。
お姉さんだったら、どんなにこわくたって、どんなに心細かったからって…
『泣かない、泣けない、泣けるかっ!』
「しょうがないなぁ、ほら半分こしよ。」
だから、真琴はぐっとこらえて繭に言う。ちょっと涙目なのは愛嬌だ。
「みゅ〜?」
「ほら半分こ!」
そういって木の実を渡すと、繭はうれしそうにもそもそと木の実を食べ始める。
「あはは、ピロみたい。」
「ぴろ?」
「うん、真琴の猫だよ。」
「猫…」
「うん、猫。繭にもだっこさせてあげる。特別だよ。」
「みゅ〜、みゅ〜 」
すかっり泣き止んで嬉しそうな繭に、
「朝になったら探しにいこ!」
真琴も笑顔でこたえた。

[←Before Page] [Next Page→]