×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いんたーみっしょん


[Return Index]

監視役側の兵を屠った後、晴香たちは再び森の中に身を隠した。

「…結局、これだけ苦労したのに。何の手がかりも無し…ね。」
自嘲ともとれる言葉を吐く。
…何が「不可視の力」よ。肝心な時にまるで役に立たない。
高槻の居場所はつかめないまま。そして私達を襲った少年も取り逃がした…

…そういえば。
「智子。あなた、あの男と知り合いなの?」
「…男って、だれや…。」
膝を抱え、うずくまったままの智子。
「あなたを拳銃で襲った奴よ。あなたを委員長って呼んでた。」
「…っつ!」
智子、そしてあかりが表情を曇らす。
「…ああ、あいつね。あいつは昔、神戸におった頃のクラスメイトなんや。」
「そう。元クラスメイトに狙われるなんて、智子って、よっぽどのワルだったんだ。」
「んなわけないやろ。」
つっこむ仕草には、いつもの覇気はなかった。
そんな智子をじっとみつめているあかり。
その視線に智子も気づき、瞬間、目が合ったが… つい、とそらしてしまった。
…ダメや。いまは神岸さんの顔なんてよう見れん。

…「あのー。皆さん無視しないでくださいー。」

あら、いたんだ。ってな風で二人が振り向く。

「ねえ、こいつ、誰?」
窮地を救われていながらひどい言い草だ。
「ああ。この子、うちらのクラスのメイドロボなんや。」
「メイドロボ…これが?」
「はいっ。はじめまして。わたくし、マルチと申します。
 今後とも、よろしくお願いします(ペコリ)。」
…メイドロボっていうのは、もっと怜悧で有能そうな外見をしているものと思ってたけど…
今一つ納得のいかない晴香。
「…………」
むにーっと、ほっぺたを引っ張ってみる。
「はうー、いらいれすー。」
今度は、スカートを「ぴらっ」ってな感じでめくってみる。
「そこはダメですぅ。」
ほっぺたを赤く染めたりしながら恥じらったりしている。
「……。智子、これって役に立つの?」
…これ、なんて言うのはひどいですー..とかなんとか言っているのは無視する。
「うーん。保証はできひんなぁ。」
…あうーっ..と言う感じでうなだれる。が、これも無視。

「あんた、何か役に立ちそうな特技はないの?」
ちょっと頭に「?」を浮かべながら考えている。
数瞬して、「ああっ」てな感じてポンッと手をたたく
「じつはわたし、すごい力をもってるんです。」
…こんな奴でもロボットの端くれだ。最先端の科学兵器がつまっていてもおかしくはない。
「…見せてくれる?」
つい、期待に胸を膨らませてしまう晴香。
「はい。これはですね、犬さん召喚っていう魔術なんです。」
…召喚? 犬?
今、なにかとても非科学的な言葉を聞いた気がする。
「それでは、披露します。」
えっへん、とでもいうかのように(ぺったんこな)胸をそらし、
スカートのポケットの中から、ごそごそと何やら取り出した。

「…ただの紙と鉛筆やないか。」
ノンノンノンと指をふってみせた後、
(ってゆうか、そんな仕種どこで覚えたんや…)
おもむろに地べたに座り込み、なにやら紙に書き始めた。
「うらぁ、とりゃぁ」
…なにやら気合いを入れる必要があるらしい。
「…うまく書けましたー」
そう言うなり、すっくと立ちあがった。
晴香に手のひらを見せる。
「…何?」

「十円玉貸してもらえませんか?」
どげしっ!
「それはコックリさんやないかー!」

晴香よりも先に、智子のするどいツッコミ(&張り手)がとんだ。

「あうーひどいですー。」
頭をさすりながら、智子に非難の涙目を向ける。
「ここからがいいところなんですよぅ。」
しょうがないので、晴香が十円玉を渡す。
その十円玉をポケットに入れ、両手を合わせてこう唱えた。

「なうまくさんまん、ばさらだんかん」
ぱこーん!
「流儀が違うわ!」
意外と濃ゆい知識を持っていた晴香が張り倒す。
…だめだ、役立たずだ、こりゃ。
ってな感じで晴香と智子、目を合わせ、「はぁーっ」とため息をつく。

「ふふふっ。ふふふふふっ。」
笑い声。
見ると、あかりが涙を流しながら笑っていた。ツボにはまったのだろう。
「あははっ、おかしい。おなかが痛いよ。はははっ。」

再び見つめあい、智子がつぶやく。
「…お姫様を笑わせたんや。こりゃ、連れてくしかないな。」
「そうね。」

「はあぁー。」と二人、再びため息をついた。

[←Before Page] [Next Page→]