×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おすそわけ


[Return Index]

「はい、これ。おじさんにもあげる」
そう言って差し出されたあゆの右手の上の物体を見て、御堂は眉を寄せた。
「ああ? なんなんだ、コイツは」
御堂は、あゆの手のひらの上に鎮座する魚型の物体を訝しげに睨み付けた。
魚型の物体は、そのつぶらな瞳で御堂を見つめ返している。
「たいやきだよっ。ずっとポケットに入れたまんまだったから、冷たくなっちゃったけど…」
にっこり笑って、御堂に物体を手渡す。
「朝ご飯、いっしょに食べよ」
「…食いモン…なのか?」
「しっぽまでアンコがいっぱいだよ」
それを聞いた途端、御堂は手の中の物体を脇に放り投げた。
「わっ、わっ、捨てちゃうダメ〜」
慌ててあゆが拾い上げるが、たいやきの右半身に砂がついてしまっていた。
「うぐぅ…食べ物を粗末にしちゃダメだよ…」
表情を曇らせながらも、懸命に砂のついた面を削り取るあゆ。
「俺は甘いモンは嫌いなんだよ」
御堂は、そんなあゆにはまるで頓着する様子もなく、面倒くさそうに仰向けに寝転がった。
やがて、あゆも作業を終えると、
「はい。今度はちゃんと食べてね」
と、アンバランスな面持ちになったたいやきを紙袋の上に置いて、立ち上がった。
そのまま立ち去っていくあゆを、片目で追っていた御堂は、少し離れたところから、
「はい、キミにもあげるね」
「にゃ〜」
というやり取りが聞こえてくるのを確認した後、上体を起こした。
「…よくよく考えてみりゃあ、コレでも一応、非常食だしな」
戦場では、食えるときに食っておくのが鉄則だ。
非常時に食い物の好き嫌いを語る兵士なんざ、家に帰ってママのオッパイでも吸ってる方がお似合いだ。
不細工な魚型の物体を眺めていた御堂の目前に、ぽん、とあゆの笑顔が浮かび上がった。
慌てて首を振る。
「けっ…馬鹿馬鹿しい。なんだってあんなガキなんか…。いいか、俺はあんなクソガキのためにコイツを食うんじゃねえんだ。ただ…ただ、プロとして必要時の栄養価の摂取を行うだけだからな」
誰かに言い訳するように独り呟いた後、魚型物体を口に放り込み、ゆっくりと咀嚼し──
「おっ、うめえ」
思わず本音が出た。

[←Before Page] [Next Page→]