×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

似たもの同士?


[Return Index]

「……」
「……」
「……」
 その人影は青年だった。
 顔は憔悴しきっていたが、瞳には明らかな意志を持っていた。
 そして、右手には……水鉄砲?
「誰、あなた。取込み中なんだけど?」
 突然の闖入者にマナは冷たく言い放った。
「すまない。三つ編みで大人しそうなある女の子を探している。
 姿、見かけなかったか?」
「随分と礼儀がなってないじゃない。ともかく見かけなかったわよ。
 あなたは?」
 きよみに向かい、話を振った。
「知らないわ。あなたの女?」
 こちらもさらっと言い捨てる。
「いや……ありがとう、邪魔したな」
 青年――祐一はそれだけ確認すると、二人の前からすぐに姿を消した。
 しばしの沈黙。
『何、今の』
 二人同時に口を開いた。
「……」
「……」
『ふぅ』
 溜息まで同時だった。
「……」
「……」
「変なの」
 先にマナが口を開く。
 その顔には微笑みが浮かんでいた。
「そうね……」
 きよみもつられて表情を崩す。
「私はもう行くは。せいぜい死なないように気をつけるのね」
 マナは振り返り歩き出した。
「あなたもね」
 きよみは逆の方向へ。
 始めはいがみ合っていたのに、今はもう悪い気はしなかった。

[←Before Page] [Next Page→]