×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

死ぬまでセイギ?


[Return Index]

(体が…。熱い……)
 太田香奈子(010)に道案内をさせ始めてからしばらくして、松原葵(081)の体に変調が現れた。
(胸が苦しい…)
 毒はこんなにも強力だったのか。
彼女は腕をしばることである程度処置したつもりだったが、それはほんの少し…。そうほんの少し寿命をのばすにとどまった。

「うう…、あ…」
 ひざが折れ、その場に座り込んでしまう。
 前を歩いていた香奈子がゆっくりと振り返る。
「あはは、やっぱりだめよね?」
 歩み寄ってくる加奈子に、葵は視線を向けることしかできない。
「さっきの女を殺せば解毒剤をもらえるのよ? ちょっと胸に鋏を突き立てるだけ。簡単よオ」
「『殺す』なんて駄目です…。みんなで協力し合って帰る…ん…です……」

ガッ!
 葵が仰向けに押し倒される。
「それがあなたの正義? 正義せいぎセイギセイギセイギ!!!???
 そんなものここじゃ意味無いのよ!! そんなものがあるなら瑞穂は殺されなかったはずでしょぉォ!!!!」
「うあ…あ……あ……」
 葵の体の中を恐怖が走りぬけた。
ビリビリビリッ!!!
 制服が無残に裂かれ、白い肌が露になる。
 体を重ねてくる加奈子。
 抵抗したい。なんとか跳ね除けたいという葵の心とは裏腹に、身体は動こうとはしない。

「可愛いわね。うふふふふ……。でもね、瑞穂はもっと可愛かったワ…」
 香奈子の舌が葵の首筋をなぞる。
 死の恐怖による戦慄が恍惚感に化けつつある。
「ひゃ、あ…ふあっ…やめ…て…」
 舌が這うたびに無意識に体が跳ねた。
 押しのけたいけど力が入らない。
(毒のせい…だ)
「たのしイよ? 人を襲うの」
 葵の肌の上に香奈子の爪がたてられる。
 力をこめ、引いた。
「うあぁぁあぁぁああぁあぁぁっ!!!!!」
 白とは対照の赤が散る。
「あははハハ…。イイ声。気持ちイいよ。どうしてあなたはガマンできるの?
 殺してもいいんだよ。ココでは。聞けるヨ。声。たくさん」

 香奈子は自分の頬に両手の爪を当てる。
 同じように、引いた。
 6つの爪あとが頬に刻印される。
ポタポタ……
(狂ってるよ。狂ってるよ。怖い怖い怖い怖い怖い怖い!!!!!)
 無意識に動かしていた手に硬いものが当たった。
『鋏』

[←Before Page] [Next Page→]