×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイコメトラー楓


[Return Index]

爆発の跡地。
そこを複雑な思いで見つめていた。
「何があったんだろう、ここで……。」
楓が複雑な思いでそこを見つめていた。
一部分だけ、寂れた荒野となったそこは、一人の人間の悲しみ――だけど
それでも何かをやりとげた男の最後の場所だった。

「……」
玲子もまた何も言えず視線をそらす。
「…あれ、あれは何?」
黒く光る金属片。
玲子の目に何故か異質に映るそれは
「鉄の――爪?」
玲子がそれを拾い上げた。
形状からして右手用……
「爪――ですか。」
楓が何時の間にか背後までやってきていた。
「う、うん。」
「……」
複雑な思いでそれを玲子から受け取る。
(姉さん…)
鬼の爪。否が応にも千鶴を連想させる。
「無事で……いて。」

「楓ちゃん、なにか分かったの?」
「いえ、何も……」
「ずっと爪とにらめっこしてたから。サイコメトリーみたいな能力を
持ってるのかと思っちゃった。」
「違います。」

018 柏木楓 【千鶴の爪(右手用のみ)回収】

[←Before Page] [Next Page→]