×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

死者と、罪、罰、誤解


[Return Index]

 どのくらいの時間、そうしていたのだろう?
 緒方英二の命の灯火は、今まさに、消えようとしていた。
(目がかすんで、よく見えない……)
 周りの様子も見えなかったが、女の子が一人、自分を見下ろしているのが見えた。
「……痛いんだ……殺してくれないかな、僕を」
 途切れ途切れではあるが、驚く事に声ははっきりしたものだった。
「…自分から命を捨てるんですか?」
 少女が問いかける。
「もう助からないよ。だったら、早く楽になりたい」
 笑う。自嘲の笑みだ。
 少女は何も言わず、自分に向けて何かをつきだしたようだった。
 それは銃だったのだが、英二にはわからなかった。
「人一人助けることが出来なかったなぁ……
 ……約束破って、すまなかったな……少年」
 本当に申し訳なく思った。
「…誰かを守ることを、約束してたんですか?」
「……そうだよ……でも、出来なかった」
 言うと、少女は銃を下げ、言った。
「…それはあなたの罪です。苦しみ続けて、死んで下さい。
 …それが、あなたに与えられた罰です」
 少女の言葉に英二は驚き、次に微笑んだ。
「そうだな……君の言う通りだよ……」

 そして時間が流れる。
「帰りたかったなぁ……理奈?」

「…誰かを助けられなかった罪は重いです」
 英二の死を看取り、茜は言った。
 自分の姿を、英二に重ね。
 祐一に会い混乱している心も、今はもう、落ち着いている。
 少なくとも、自分ではそう思った。
 気を取り直し、歩き出す。

「あなたが、お兄ちゃんを殺したの!」

 理奈の叫ぶ声が、その場に響いた。
 その声は余韻を残し、やがて森の中に消えていく。

「…誰?」

012緒方英二 死亡
【残り65人】

[←Before Page] [Next Page→]