×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カナシミの深さ


[Return Index]

 嘘だ………
 嘘だ、嘘だ………

「嘘だろぉぉぉぉぉぉぉ!!」

 美咲さんが死んでいる。
 美咲さんが……
 ミサキサン……
 そんなこと……あっていいはずないじゃないか……

 だがそれは自分のせいで。
 自分が別れたから、結果的に美咲さんを見殺しにしてしまった。
 その事実が、俺には耐え切れなくて。

 そうだ……。
 こんなバカなこと、あるわけないじゃないか。
 ……はっ、俺も疲れてるな。
 そうだよ、あれは幻覚だ。幻覚なんだ。
 ほら見ろ、目の前には何も、何もないじゃないか。
 昏い昏い、『何か』があるだけだ。
 どこにいるんだ、美咲さん。
 待ってろ、絶対、探し出してやる!
 そしてあの男……見つけたら……殺す。

 間違っていることはわかってても、事実の前には、理性はあまりにもちっぽけで。
 俺は、心を閉ざした。
 それが、俺の最後の思考。

 『俺が』わめいている。
 美咲さんの知り合いと出会い、喜んでいる。
 なぁ、『俺』。
 美咲さんは、もう、いないんだぜ?

[←Before Page] [Next Page→]