×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

狂気の扉


[Return Index]

 鋏をくるくると回しながら、太田香奈子は明るくなりだした空の下をとぼとぼと歩いていた。
 鈍く光る鋏は、所々赤い血に染まっている。時々、それを眺めては香奈子は一人悦に入る。
「殺せた……。わたしは、よわくなんか、ない」
 弱くないなら、生き残れる。強いものが生き残るのは当たり前だ。だから、弱くない私は生き残れる。


「死にたいけど、死ねない」
 そう無気力にこぼした言葉を、瑠璃子さんは不思議そうに見つめてこう言ってくれた。
「……だったら、殺せばいいんだよ?」
「え?」
「香奈子ちゃんが死ぬのと、他のみんなが死ぬのって……」
 そこで言葉を区切ると、ふっと笑う。
「ひとりぼっちになるって意味では一緒だと思うよ。
香奈子ちゃんは、ひとりぼっちになりたい?」
「……」
 ちょっと考えた。――そして、瑞穂は、もういないことを思い出して、
ゆっくりと首を縦に振った。
「うん」
「そう。……じゃあ、殺そう?」
「でも、私には人を殺せるだけの力が、無い」
 持っている武器といえば赤旗だけだ。これで相手を殴り殺す? 馬鹿らしい。
 香奈子の言葉に、くすくすと瑠璃子は笑う。
「じゃあ、自分より弱い人を殺そうよ」
「え?」

「自分より強い人を殺そうとするから殺せないんだよ。
香奈子ちゃん、弱肉強食、って言葉知ってる?」
 うん、と香奈子は頷く。
「それと一緒。私たちはそんなに強くないから、強い人に殺される。だったら、
私たちより弱い人を殺していけばいいよね?」
 ――そうだ。そんな簡単なことに気付かなかったなんて。
「そう、だね」
「ふふ。香奈子ちゃんは賢くて助かるよ。じゃ、私からのプレゼント」
 瑠璃子はディパックをごそごそと探ると、中から鈍く光る鋏を取り出した。
「これは?」
 受け取りながら、香奈子はちょきちょきと切る真似をする。……切り難い。
どうやら、左利き用の鋏らしい。
「気をつけてね。その鋏、毒が塗ってあるんだ」
「毒?」
 ぴたりと、持つ手が止まる。
「そう。傷口に入れば、30分ぐらいで死んでしまうよ」
 毒と聞いて躊躇する香奈子に、瑠璃子は大丈夫だよ、という表情で話す。
「でも、私が解毒剤を持ってるから」
 それを聞いて、香奈子は安堵する。
「あの……その解毒剤、私に渡してくれない?」
 しかし瑠璃子は笑顔のまま、その願いを拒否する。
「ごめんね。他にも毒をつけた武器を渡した人がいるんだ。だから、私が持ってないと」
 と、理由をつけて。その言葉に、少々香奈子は落胆するが、それなら仕方ないね、と納得した。
 いや、納得させた。弱い自分に武器を与えてくれたんだもの。
――毒は怖いけど、これぐらい、我慢しないと。
「さぁ、行ってらっしゃい。強い人は、生き残れるよ。弱い人を殺してこよう?」
 瑠璃子は優しく微笑む。その笑顔に後押しされて、香奈子は獲物を探しに出かけた。

 そうだ。よわいやつはしねばいいんだ。――みずほのように。
 そうだ。ころしていこう。よわいやつを。わたしが、たのしめるほうほうで。
 さぁ、これからどうしようか?
 るりこさんのところにもどって、ひとりころしたっておしえてあげようか?
 それとも、さっきのおんなをころしにいこうか?
 それとも、ほかのえものをさがす?

 藍原瑞穂の死をきっかけに、太田香奈子は少しづつ、少しづつ狂い始めていた。
 まるで、狂気の扉が音も無く開いていくかのように。

 ――決めた。
 ふふ、と笑って、立ち止まっていた香奈子は再び歩き出す。

 そして。――長い夜が明けた。

[←Before Page] [Next Page→]