×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

覚悟


[Return Index]

「観鈴! 行ったらあかん! 観鈴……!」

 ごめんね、お母さん。
 でもわたし、倒れてる人放っておくなんて、出来ないよ。
 死にそうな女の子を見捨てるなんて、わたしには無理。
 ほんとうに……ごめんね。すぐに戻るから……ごめんなさい。

 ……けど、辿り着いたときには。
「あの、大丈夫…ですか?」
 そろそろと、物音を立てないようにそばに寄る。

 ――――短い髪の女の子は、倒れたまま返事をしない。

 抱き起こそうと触った手は血まみれで、ぬるりとそれがわたしの指についた。
「………ぁ…」
 つめたい、身体だった。
 無駄のないそのからだは、ぼろぼろに傷ついている。
 痛かっただろうな。苦しかっただろうな。考えただけで胸がきゅっと締まる。
 死んだ人にさわっているのに、不思議と気持ち悪く感じなかった。

 その子のからだを一度だけきつく抱きしめて、
「助けてあげられなくて、ごめんね……」
 ちいさくちいさく呟いた。
 気休めでも、偽善でも、そうしてあげずにはいられなかったから。
 もう変わらないその表情がひどく安らかだったのが、まだしもの救いだったと思う。

「……もう、ええな」

 腕に女の子を抱えたまま、振り向く。
 見慣れたお母さんの顔があった。大好きな。
 ひとつ頷いて、わたしは女の子を近くの大きな樹にもたせかけた。
 眠っているようにも見えて、また悲しくなった。

「えと……勝手なことしてごめんなさい」
 目が合わせられなくて、俯いたまま話す。
「えぇよ。観鈴は無事やったんや。けどな、もう無茶したらあかんで」
 戻ってきたわたしの頭に、やわらかい手が置かれる。
「あんたが死んでしもたら、うちにはなんにも無くなってまう。
 命はひとつっきりや。都合よう返ってくるもんやない。
 せやから、……うちら、生きなあかんのや」
 髪を撫でられて、思わず顔を上げる。……真剣な声に、涙がまじってた。
 それを見て、わたしは今さらながらに自分の行動を後悔した。
 わたしのせいで、お母さんが死んじゃったかも知れないのに。
 やっぱり――――わたしは頭の悪い子だ。

「……とりあえず、ここは危険や。この子をやったんがおるかもしらん。
 そやな、地図だと……向こうの住宅地の方、近いな。行こか」

 手にしたシグ・ザウエルショート9mmを固く握りしめて、お母さんが先を促す。
 今も、遠くから銃声が何発も轟くのがきこえる。
 その残響を耳から消せないまま、私はなるべく音を立てないよう歩き出し……

「……あ、あの…っ」

 弱々しい、女の人の声。逃げてきたんだろうか、服も手足も泥だらけだ。
「動かんといて。うちら、行かなあかんのや」
「お母さん!」
 お母さんが女の人に銃を向けた。袖を掴んでも、その目は険しいままで。
「あの、あの、神尾さんという人を見ませんでしたか……!?」

 私とお母さんは、同時に目を見開いた。

[←Before Page] [Next Page→]