×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

昔も今も、かわらないひと


[Return Index]

「そろそろ行くよ。俺」
 詩子が落ち着いてから、祐一は言った。
「茜を、絶対連れ戻すから。
 詩子は安心して、生き延びることだけ考えろ、いいな」
「うん……」
「あんた、詩子のこと、頼む」
 ずっと黙っていた少年に言う。
 少年は「わかってるさ」と笑った。
 二人の視線に見送られ、祐一は歩き出した。

「祐一?」
「ん?」
「茜は、変わってなかったよね?」
「あぁ、そうだな」
「……変えてあげてね?」

 その言葉の意味を考え、刻む。

「あぁ」

[←Before Page] [Next Page→]