×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さよならを、あなたに


[Return Index]

「誰? じゃないわよ!? あなたがお兄ちゃんを殺したのね!」
 茜は、地面に横たわる死体と目の前の少女を交互に見た。
「…妹さん?
 …誤解です。私はこのが死ぬのを看取っただけです」
「嘘! そんなこと言われても信じられるわけないじゃない!」
 理奈の言うことも一理ある。茜は銃を持っているのだから。
 それにこの状況下、肉親の死体を前に冷静でいられるはずがなかった。
 理奈は大声で叫ぶことで恐怖心を押さえ、茜をきっと睨み付けた。
 対する茜は全く動じない。
「…だから、誤解です」
「許さない! 絶対、殺してやる!」
 そんなことが出来るとは思ってもいなかった。
 ただ、感情が先走り、叫んでいた。
 茜は「ふぅ」と溜息をつき、冷酷に告げる。
「…武器なしでですか?」
 理奈は凍り付いた。
 今手持ちのものといえば小型カラオケのみ。
 これで殴り掛かれというのか、相手は銃を持っているのに?
「うるさいっ!」
 そんなこと構いもせず、茜に殴り掛かる。
 茜は銃を理奈へと向け……思い直して、すっと左に避けた。
 勢いあまって理奈は転び、小型カラオケが地面に落ちる。
 起き上がったすぐ目の前に、英二の死体があった。
「だって……お兄ちゃんが……」
 そのまま英二の死体にしがみつき、泣き叫んだ。
 その光景をしばし見つめ、茜は再び銃を上げる。
 理奈の視線が、その動きを捕らえた。
 何も映さない、暗い銃口を見つめる。
「…あなたは私を殺すといいました。
 …だから、私もあなたを殺します。
 …さよなら」

 幾度とない銃声が、この森には響いていた。
 今度の銃声もまた、森の一部となっていった。

 理奈の体が崩れ落ちる。
 傷口から血液が……流れていなかった。
 いや、そもそも傷口なんて存在しない。
 茜の撃った弾は、理奈に当たっていない。
 理奈は緊張に耐え切れず、失神しただけだった。

(…どうして外れたの。
 …やっぱり私は、人を殺せなくなったの。
 …違う、きっと、あの人は私を殺せなかったから。
 …私がここで、殺す理由がないだけ。
 …そうに決まっている。
 …もう行こう)

 そう心に呼びかけても、茜はしばらく、その場を離れることが出来なかった。
 残された少女は、これからどうするのだろう。
 そんなことを考えていた。

[←Before Page] [Next Page→]