×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目覚めはまぶしくて


[Return Index]

「……なんだったんだよ、畜生」
 俺は目を覚ました。
 涙の跡……泣いていたのだろうか。
 よくわからなかった。
「気がついたようだな」
「オッサン……」
 あの男が声をかけてくる。俺を殺さなかったのか?
 どいつもこいつも、甘すぎだ。
「泣いてたけど、大丈夫?」
「……なんだ、お前は?」
 目の前の女――多分――は、変なお面を被っていた。
 その表情がどうにも滑稽で、気がついたら俺は笑っていた。
「笑えるではないか、少年」
「……」
 オッサンが言った。
 何故だか、今の俺には『殺す』という感情が涌いてこない。
 それは、この島に来てから始めてのことで、なんだか気持ちがよかった。
 忘れ物を見つけた、そんな時の気分に似ていた。

[←Before Page] [Next Page→]