×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

笑み


[Return Index]

 笑えることはいいことだ。
 嘲笑の類いとは違う、真の笑顔。
 喜び、楽しみ、そういった笑顔。
 浩之が浮かべた笑顔は、まさにそれだった。
 笑顔は人の心に安らぎと希望の光をもたらす。
 どんなに辛い状況でも、その強さをもって、周りを安心させることのできる人間がいる。
 それは、ずっと昔から、そうだった。

「笑える強さがあるのなら、少年、君はもう大丈夫だ」
 蝉丸は浩之に告げた。
「何のことだかわかんねーよ。何がいいたいんだ、あんたは?」
 蝉丸を睨み付ける。その目には、殺気はこもっていなかった。
「君は先程、自分を保つ為には『殺す』しかないと言ったな。
 今もそうか? 本当に『殺す』ことしか見えないのか?」
 違うだろ、とでも言いたげに、蝉丸が問う。
 『殺す』感情が涌かないという事実。あの悪夢。
 最後に呼んだ名前。あかり。
 今まで自分がやってきたことと、その重さ。
 正面から、向き合って。
 聞こえてきた言葉。
(浩之ちゃん。本当は優しいから)

「俺はさっさと帰りてーんだよ。
 ――あかり達と、一緒にな――」
 たったそれだけの言葉を言うのに、長い、本当に長い時間がかかった。
「そうか」
 変わらぬ口調で蝉丸は言った。
 何を思っているのか、浩之にはわからなかったが、どうやら非難されてはいないらしい。
「あぁ。気付かせてくれてありがとな、おっさん。
 お人好しもいいとこだ」
 本来の浩之の、あの独特の笑み。
「む」

「じゃあ、俺はそろそろ行くぜ」
 銃を含む自分の荷物を持ち、浩之は立ち上がった。
「気をつけてね〜」
 今だに面を被ったままの月代が言う。
「あんたもその顔。なんとかした方がいいぜ」
 からかうように言った。
「これからどうするのだ、少年?」
「そうだな……」
「君は相当に人を殺めているのだ。その姿が誰かに見られている可能性も大きい。
 協力者は期待できないぞ」
 蝉丸の忠告が飛ぶが、そんなことは承知の上だった。
 もとより、見ず知らずの協力者を期待する方が間違っている。
 だがそんなことは、今言うことではない気がした。
「わーってるよ」
 言って、空を見上げる。あの広い大空を。
「とりあえず、安心させてやりたい奴がいるから。そいつを探す。
 その後は。その時に決めるさ」
「そうか」
「おっさん、名前は?」
「坂上蝉丸だ」
「変な名前だな」
「む」
 浩之の失礼な台詞に、多少ムッとした顔をする。
「俺は藤田浩之だ。じゃあ、世話になったな」
 今までとは違う未来へ進む。
 その為の一歩を、今、踏み出した。

 人を人とも思わずに殺した過去を、受け止め。
 その上で、あいつに会おう、笑ってやろう。
 さっきまでは全然思い出しもしなかった、自分の殺した人達の顔がよぎる。
(自分勝手で悪いが、あんたらを殺した責任はきちっと取るぜ。
 絶対に、今までとは違う方法で、生き残ってやる。
 女医さんよ――あんたに助けられた命、無駄にはしないよ。
 あんたは医者の鑑だぜ)

 空を見る。
 聖が苦笑を浮かべていた、そんな気がした。

[←Before Page] [Next Page→]