×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

痛むハート


[Return Index]

「名雪さん、待って下さいっ!」
 前を走る名雪に向かって、琴音は必死に呼び掛けた。
 だが、名雪は止まらない。差は広がるばかりだ。
『わたし、陸上部で部長さんやってるんだよ〜』
 そう言ってたのを思い出す。
 追い付かないわけだ。陸上部部長の名は伊達じゃなかった。
 もう息が上がっている。これ以上は走れないと悟った。
「名雪さんっ!!」
 最後に、もう一度、叫んだ。
 名雪の足が止まる。
「……わたし、ダメなんだよ。
 ……怖いんだよ。祐一がいないと、ダメなんだよ!」
 小さな声だった。
 いや、そう聞こえただけだった。
 琴音と名雪の距離はかなり離れている。
 琴音の位置から名雪の声が聞こえるということは、相当大きな声を出しているはずだ。
「祐一もお母さんもいないと、わたしこころから笑えないよ!!」
 それで、知った。
 自分が喫茶店に辿り着いてから、こんな状況を気にしてないかのように笑い続けてきた名雪。
 この人は強い人だ、琴音はそう思った。
 それは違っていた。表面では笑えていても、こころでは助けを求めていた。
 安らぎを求めていた――ここにはいない、祐一に。
 ――もう、限界だった。祐一に、傍にいて欲しかった。
「名雪、こっちに来なさい」
 琴音はビクッと体を震わせた。
 ――この人はいつの間に、自分の隣にいたのか――
「あなたの気持ちはわかるけど、それでも、あなたに危ない目に遇ってほしくないの。
 あなたが死んだりしたら、お母さん、どうすればいいの?」
 秋子の悲痛な声が響く。
 それが、最後だった。

「お母さんも勝手だよ!
 お母さんも勝手だから、私ももう勝手にするの!
 そんなお母さんなんて、大嫌いだよ!」

 泣き声が、叫びが、秋子の心に深く突き刺さる。
 それだけ言い捨て、名雪は走っていった。
 もう――誰も、追うことをしない。
「秋子さん……」
 琴音が声をかける。
「ごめんなさい。ひとりにしてもらえますか?」
 琴音にもわかるほど、悲しみを帯びた声だった。
 琴音は何も言わず――何も言えず、その場を後にした。

[←Before Page] [Next Page→]