×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

悪夢を拭い去るために


[Return Index]

兵士達の動きが、さらに慌ただしくなった。
その様子を、丘の上から伺っている晴香達。
「もうすぐ、来そうやね。」
「そうね。…マルチ、あなた飛び道具は持ってるの?」
「鉄砲ですか?いいえ。そうゆうのは持ってないです。」
「…じゃあ、これをあげるわ。」
晴香に渡されたそれは、ニューナンブ。
公民館で入手した、3丁のうちの一つだ。
「あかり。あなたには渡せる銃がないから。ここで待ってて。
 あなたの爆弾が、最後の切り札になるかもしれないから。」
すこし寂しそうな表情をみせたが、うなずく。
「…うん、わかった。無事で帰ってきてね。」
「ええ。もちろん。」

「来たで!」
黒塗のリムジンが、基地の前に止まる。
敬礼する兵達に囲まれて現われたのは、やはり高槻だった。
それを見て、智子がイグニッションキーを捻る。
「じゃあ、行ってくるわね、あかり。」
「うん。晴香さんも、智子も、マルチちゃんも。気をつけて。」
「うん。」「わかっとる。」「はいー。」
三者三様返事を返す。そして、向かうべき場所を見据える。
「よおし。じゃあ、突っ込むでー!」
そう言うなり勢いよくアクセルを踏み込む。
そして。
ジープは砂塵を上げ、目指す場所へ突入していった。

「どりゃーっ!」
兵士達をなぎ倒し、高槻へと迫るジープ。
それを見た高槻は、身を翻し、建物の中に消えた。
その入り口にジープを横付けする。
晴香達の前には、それを遮るように、兵士達が展開した。
「じゃまやーどけー!」
タタタタタン、タタタン!
智子の64式による一斉射、そしてマルチの首根っこをつかむ晴香。
「いけえっ!マルチカタパルト弾」
「はわわーっ!」
カタパルトでも何でもないのだが、人間爆弾は思いのほか効果的だったのか。
幾人かをなぎ倒し、兵士達がたじろぐ。
「ふみゅうーん」
抜刀し、駆け抜けざま、晴香はマルチの腕をつかみ、引きずる。
「よくやったわ!」
「ふえーん。あんなコトする人嫌いですぅー」
「…いらない敵をつくるわよ、そのセリフ。」
その後ろを、半身で銃を乱射しながら、智子が続く。
「ぐずぐずしてる間はないでぇ!高槻を追うんや!」
「わかってる!」
そう…わかっている。自分の為すべきことを。
この手で決着を。そして過去の悪夢の清算を。

[←Before Page] [Next Page→]