×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

堕ちる道化


[Return Index]

すう、と空気が冷え込み、湿度が上がる。

流れる音はさらさらと。
それは、この地に流れた血潮のように。

さらさらと、さらさらと。
絶えることなく、ざわめいていた。

ちゃりん、かちゃりん。
硬質の異音が重なる。
無人の川に混じる有人の証が。
酷く虚ろで、禍々しく聞こえる。

ちゃりん、かちゃりん。
時折閃く反射光の眩しさが、それを刃物だと知らしめる。
近づけば微かに足音が聞こえる。
半ば呆けたような憑かれたような、刃物よりも危険な顔が見てとれる。

さらさら。
『り…理奈ちゃん?!』

かちゃりん。
弄んでいた刃物を、ぴたりと止めて握りこむ。
林道の木漏れ日が、さながら教会の狭間窓のように彼を照らしている。
下を見やれば河原道。

さらさらさら。
『兄さんが…。お兄ちゃんが…』
見える。知った顔は居ない。

さらさらさらさら。
『?! 英二さんが?』
(理奈?英二?)
凍結させていた思考を渋々回転させる。
そしてようやく、あの男の台詞を思い出す。
道化さながらに、ころりと騙された自分を思い出す。

「緒方-----理奈?兄さん?」
呟いた一言が、ぽんと背中を押していた。
住井護(051)はナイフを携え、崖を飛び降りる。

迷い無く。
涙無く。

暖かな想い出も、悲しさも届かぬ、地獄の底へと彼は落ちて行った。
川の音は、もはや聞こえなかった。

[←Before Page] [Next Page→]