×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

堕ちた道化


[Return Index]

「あの様子だと…。英二さん死んでしまったみたいだな…」
 冬弥が由綺に話しかける。

ザッ

 崖下。静かに着地。
 住井にも聞こえた。信じたくない台詞。
 英二、あの男は自分が殺さなければいけなかったのに。
 信じられない。
 美咲さんのかたきをうつ。
 それが唯一無二の望み。
 決心したばかり。
 そう決心したばかりなのだ。
「嘘だ…」
『?!』
 冬弥と由綺が振り向く。
「嘘だ…。嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だーーーーーーーーーーーーーー!!」
 早足に冬弥の方に近づいた。
「でたらめ言うんじゃねぇ!!!!」
 冬弥の目の前まで…
「死んでもらっちゃ困るんだ! 死んでもらっちゃ!
 あいつは俺が殺す!
 美咲さんを殺したあいつを!
 俺が! 俺が殺すんだ!」
(英二さんが美咲さんを?!
 なにを言っているのだろう。こいつは)
 冬弥の率直な感想だった。
「くそ! くそ!くそ!くそ! だったら今逃げていった妹の理奈って奴を!!!」

カチャリ

 住井は気がついた。
(こいつらさっきの…)
 銃口が自分に向いている。
 遅すぎた。
「あはは、あはははははは!!」
 笑いしか出てこない。
(なんて馬鹿なんだ俺は。これじゃまるっきり…)
「由綺…。俺がやるよ…」
(道化じゃないか…)

[←Before Page] [Next Page→]