×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

わたつみのような強さを


[Return Index]

 死んだ。
 美凪も、みちるも。

 道を行く途中流れた放送で、往人は立ち止まった。
 守ろうと思っていた二人が。
 誰よりも大切にしていた二人が。
 死んでしまった。

 予感はしていた。
 ――ありがとう――そんな声が、あの時確かに聞こえていた。
 二人の、優しい声。最後に出会うことが出来たのだろうか、彼女達は。
 そうであって欲しい、きっと、そうだ。
 そう思い込むことにした。そうじゃないと、余りにも悲しすぎるから。

 夏の田舎町。
 旅の途中で路銀が尽き、必然的に留まることになった、あの町。
 夏と海の香りが風に運ばれ、どこまでも澄んだ青が、限り無く遠くまで広がっていた。
 交通の便も悪く、閉鎖的で、そこにある空気はまるで、千年も変わらぬものであるように思えた。
 廃線となり、人のいなくなった駅で、彼女達と出逢った。
 気付いたらいつも三人で、まるでずっと昔から、そうであったかのようだった。
 変わらぬ日々が、いつまでも続く、そんな錯覚を覚えていた。
 そしてその夢は、呆気無く、どこまでも呆気無く、終わった。

 感傷に浸るのはここまでにしよう。
 自分には、自分の役目が。

 一人また、死んだ。
 あんなものは理想論だ、現実は違う、そう思う。
 自分に出来ることは、ゲームに乗り無作為に人を殺す者を、殺す。
 主催者も、殺す。
 それだけだった。
 センチメンタルは他の奴に任せればいい。

 心に空虚を抱え、道を往く。
 それに押しつぶされない強さを。
 変わらない、わたつみのような強さを、もう持っていた。

[←Before Page] [Next Page→]