×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無知の中の死


[Return Index]

「この住井護様ともあろうものが…はは」

ガッ!

 脳天に衝撃が走る。
 冬弥の特殊警棒。
(まぬけだなぁ…)
 住井の頭から血が次々と流れ出す。

(いろいろあったな。
 美咲さん。綺麗だった。
 最初に出会ったときは怯えてたな。
 でもすぐに打ち解けて。
 彼女はまな板を持ってたんだ…。
 違う。ノートPCだったんだ。
 従兄弟。潤に渡せばどうにかしてくれる。
 俺の携帯と合わせりゃなんとかできるかもしれない。
 探して。
 緒方英二さんが出てきて。
 なんであんな奴さん付けしてんだ! 俺は!
 クソ!!
 美咲さんを預けちまって。
 そうだ。キスされたんだ。
 別れてすぐに放送があって。緒方の野郎の嘘がわかって。
 変なチビガキにスネ蹴られて。
 違う。その前にもう美咲さんを見ていたんだ。
 あん時からもう狂ってたのかな? 俺。
 あのチビガキに縛られて…。
 …………。
 そんな趣味ないのに…。
 ………………。
 変な二人組に近づいたら左肩肉吹っ飛ばされて。
 美咲さんにナイフを渡されて。
 違う! もう死んでいたんだ。
 俺がナイフを取っただけだ。
 くそ! なんでこんなに間違えるんだ!!)

 彼は気づいていない。
 最も大きな間違いに。

(美咲さん。
 誰かに先を越されたけど、
 緒方の野郎は…。
 美咲さんのかたきは死んだってさ…)

 冬弥は住井の落としたバタフライナイフを拾う。

(ああ、潤のやつにも会いたかったな)
”もずくを食べる時ってなんで猫背になるのかな?”
 こんな話題で五時間は論議ができるおもしれー奴だった。
(いい奴だったな)

『ジジ…みんなーお昼の時間だぞー』

 住井の胸に…。突き立てられた。

「うっ…みさ…き…さ……」

『以上だ。ペースアップしてきたじゃないか 』

 冬弥は初めて人を殺めた。
 なのに…。
(放送と同時に死ぬと…。発表されないんだな…)
 頭に浮かぶ言葉はあまりにもつまらないものだった。

【住井護 死亡】
【残り59人】
【定時放送と同時】

[←Before Page] [Next Page→]