×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

偽りの円舞


[Return Index]

【放送以前】

走る。
高槻を追って。
そして…駆けてゆく誰かの白い服が、前方に見えた。
パン!
「きゃあぁ!」
「っ!智子っ!」
背後からの銃弾を腕に受け、智子が倒れこむ。駆け寄ろうとする晴香。
パン!
智子を撃った兵をマルチが倒す。
「晴香さん、行ってください。保科さんは私が!」
倒れたまま、智子が叫ぶ。
「せや!早ぉ行きや。高槻は目の前やで!」
「…わかった。マルチ!智子を任せる。」
「はいっ。必ず安全な場所へお連れします!」

再び駆ける。使えるだけの「力」を駆使して、スピードを上げる。
そして…
「高槻いっ!」
目の前に、高槻の姿を捉えた。

ここは最上階。
最奥の部屋に、高槻が逃げ込む。
追いかけ、そこに飛び込む晴香。
「いた!」
壁を背にし、シニカルな笑みを浮かべている。
…ついに辿り着いた。ここまで。
銃を構える。致命傷とはならないが、深手を負わせられるように、狙いをつける。
「どこを見ているんだ。」
後ろからそう声がし、振り返る。そこには…
スタンガンを手に晴香に迫る、もう一人の「高槻」がいた。

…気がつくと、薄暗い部屋の中にいた。
両手両足を頑丈な車椅子に固定され、身動きが取れない。
「…お目覚めかな、巳間晴香。いや、C-219。」
部屋の一部にライトが当たる。
そこには、下卑た笑みを浮かべる高槻がいた。

…ずっと憎んでいた、この男を。
悪夢のような日々を思い出し、その元凶たる男の睨みつける晴香。
「そんな恐い顔をしなくても良いだろう。これでも俺は、おまえの初めての男なんだからなぁ。」
「貴様っ!」
「はっ!威勢がいいな。だが、これでどうだ。」
カッ!
高槻の背後が明るく照らし出される。
そこには…身体を拘束され、壁に張り付けられた…智子と、あかりがいた。
「嘘…。」
二人とも、衣服をはぎ取られ、裸のままだった。意識が無いようで、頭をうなだれている。
「うそだぁ…。」
「あははははは。残念だったな。おまえの仲間は、すでに俺の手の中だ。」
言って、智子に近づく。
「悔しいか。憎い男に仲間を奪われて!」
智子の胸を、無造作につかむ。
「ほう、この女、お前よりも胸が大きいな。」
「やめろーっ!」
今度はあかりに近づく。頭をつかみ、その頬に舌を這わせる。
「やめてえぇ。お願い…」
その舌を強引に、口の中に突っ込む。なすがままにされるあかり。
「コイツらは、手篭めにしようが、どうしようが俺の自由にできる。」
「いやぁ…。」
「どうだ!悔しいだろう!こんなゲスにいいようにされて!」
涙を流しながら、晴香は二人を見つめる。
「コイツらを助けて欲しいか?なら、俺を感動させてみればいい。
 俺だって人の子だ。熱い友情を見せつけられたなら、情に負けて屈服してしまうだろう。」
「友情…。」
「そうだ。こいつらを救う為に…そうだな、まずは参加者を10人ほど殺して来い。」
そんな…。言葉を失う晴香。
「そうすれば、助けてやらんでもない。そうでなければ、こいつらは俺の慰み者だ。」
「……。」
「どうする。大事な仲間を見捨てるか、それとも見知らぬ他人を殺すか。」
この男は本物のゲスだと、晴香は知っている。あかりと智子が、どんな目に遇わされるか…
「…わかった。」
「ほう、では友情の為に殺人を犯すというのだな。では行け。
 そしてこのゲームのジョーカーとなれ!」

外に連れ出され、自由の身となった晴香。
だが、彼女の心は漆黒の闇に拘束されていた。

…友情の為に殺人を犯すというのだな…

そう。全てはあかりと智子を救うため。
もう、最初の目的など、どうでも良かった。
もし、わたしと同じこと…いや、それ以上の過酷な仕打ちをあの二人が受けたら…。
わたしにとっては、「不可視の力」の扉をあけてしまったほどの苛烈な仕打ちを、
あの二人が受けることになったら…
「そうは…させない。」
どうせ、この両手はたくさんの、本当にたくさんの血で汚れている。ならば…
死神に身を落とすことは、運命なのかも知れないと、そう思った。

晴香のいなくなった部屋で、一人ほくそ笑む高槻。
「簡単なものだな。小娘を騙すということは。」
そう言い、ポケットから取り出したメスを、あかりの頬に突き立てる。
つーっつと、そのメスを縦に下ろす。
その下から現れたのは…量産型メイドロボットの、冷たいマスクだった。

「智子。我慢してね。」
その傷ついた肩を治療しながら、あかりが呟く。
「うん。あ、いたたたたっ!」
智子たち三人は、マルチの機転により中継基地を脱出していた。
…あの時、晴香の身体を担いだ高槻が、部屋から出て行くのを目撃した。
しかし、他の兵に遮られ、助けることが出来なかった。
かろうじて再び敵のジープを奪い、ここ…出発地点の一つである建物まで来るまでに、
高槻の放送で…少なくとも、晴香が生きていることを確認できた。
「全く…どないしよ。」
幸い腕に受けた銃弾は貫通していた。痛みは激しいが、動けないわけではない。
「どうにかして晴香を助けんと…」
その後ろでは、マルチが声を上げて泣いている。
「セリオさーん。どうして死んじゃったんですかー」
この建物の付近で見つけたセリオの死体。その上で泣き崩れている。
…こんなふうに、知らん間にわたしらの知り合いも、死んでいってるんやもんな。
「やっぱ…あいつに頼るしかないんかな…」
藤田浩之。すでにこのゲームに乗ってしまった友人。だが、本来なら一番頼りになる人物。
晴香を取り戻すためには、彼の力がどうしても必要だと思う。
…それに、晴香と同じ「不可視の力」を持つ者たち。
「とにかく、仲間になってくれる人を探して、晴香を助けるんや…」
そう呟き、窓の外。青く広がる空を見つめた。

[←Before Page] [Next Page→]