×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一つの愛の形


[Return Index]

 どうして、こんなことになったのだろう。
 何がいけなかったのだろう。
 隣を歩く佐祐理をじっと見る。
「ふぇ〜、舞、どうしたの〜」
「……なんでもない」
 それはいつもと変わらぬ佐祐理で。
 でも、佐祐理はもう、壊れていて。
 せめて、佐祐理は元の佐祐理に戻って欲しい。
 そのためなら、私は……

 二人の前に、突如影が躍り出た。
 左腕はボロボロで、全身傷だらけで。
 瞳だけが、まるで獣のようにギラついていた。
 深山雪見――
「……人を探しているわ。
 黒髪でおしとやかそうな女の子、大きなリボンをつけた小さくてかわいい子。
 この二人を殺した奴を探している。覚えはない?」
 静かに、暗い声で問う。
「……知らない」
「佐祐理もですねー」
 二人は揃って答えた。
 返事を聞いた雪見の表情に、失望の色が宿る。
「そう、なら用はないわ。私の気が変わらないうちに消えなさい」
 ――よくもまぁ、そんなことが言えるわね、私
   もう、ろくに戦えないというのに――
 自嘲しながらも、残された右腕はしっかりと、アサルトライフルを構えていた。
「待って、怪我してる……」
「だめですよーっ、舞ーっ」
 大怪我を追っている雪見を気づかいかけよろうとした舞を、佐祐理はとめた。
 そのまま、雪見に向かって銃を構え、言った。
「あなたも舞を殺そうとするんですねーっ。
 あははーっ、そんなこと、この佐祐理が許しませんよーっ」
「!? だめっ、佐祐理っ!!」
 舞が叫ぶ。
 だが佐祐理は耳を貸さない。
「そう……じゃあ死になさい、あなた」
 雪見もアサルトライフルを佐祐理に向け……。

 ダンッ!

 撃ったのは、佐祐理の方が早かった。
 そのまま、舞の体が崩れ落ちた。

 これでよかった……。
 あの人は……生きてる……。
 驚いているみたい……。
「舞っ、舞っ!」
 佐祐理の声が、遠くから……。
「……さ、ゆり……。
 もう、人……ころさないで……。
 ……さゆりが、そんなこ、とす、るの……
 見たくないから……」
 最後に私は笑えただろうか?
 佐祐理に笑いかけることができただろうか?
 佐祐理……
 ……佐祐理……
 ……さ、ゆ……り……

 雪見は目の前の光景が理解できなかった。
 それは佐祐理も同じだった。
 佐祐理の方が遥かに、銃を撃つのが早くて。
 もう終わったと、思った。
 次の瞬間、舞が佐祐理の手をつかみ、そのまま自分の方に向けた。
 それだけだった……。

「舞っ! 舞ぃぃぃ!
 どうして、こんなことするの!?
 佐祐理は舞のためにやったんですよ?
 舞が大好きだから、守りたかったから殺したんですよ!?
 どうして、舞っ!
 ま……」
 物言わぬ舞に抱き着き、喚く佐祐理。
 その隙を逃すことなく、雪見は持っていたナイフで、佐祐理の喉を切り裂いた。
 佐祐理は、一体どこで道を間違えたのだろうか。
 遠い昔に一弥を失い、そして、自分の居場所とも言える舞と出逢って。
 その時から、想いは曲がった方向に進んでいたのかもしれない。
 今となっては、わからなかった。
 舞と佐祐理の関係、最後に舞の言った言葉。
 それらは雪見にわかるはずもなく。
 血のついたナイフを拭い、佐祐理の手から銃を奪い、放り出したアサルトライフルを持ち直した。

027川澄舞 035倉田佐祐理 死亡
【残り57人】
【佐祐理の銃は雪見が回収】
【舞の武器(あったか?)は放置】

[←Before Page] [Next Page→]