×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

偽りの仮面


[Return Index]

初めての遭遇。それは玲子をおびえさせるには充分な出来事だった。
「だ、誰!?」
武器としては頼りない釘バットを両手で構え、前方を見据える。
細かに震える玲子より一歩前に出るように楓。
右手に装着された爪が不気味に輝く。
「あ、あら……」
息も絶え絶えなその眼鏡の女性、――牧村南が二人の姿を見つけ、たじろぐ。
「……」
既に戦闘モードに切り替わった楓は、いつでも動けるようグッと腰を下ろす。
鬼の力はほとんど封印されている。力も機敏さも鬼のソレの比ではない程発揮できない。
だが、幸い楓には使いやすい武器がある。
格闘戦であれば、闘いの素人相手に負ける道理は無い。その位の力の行使は可能だ。
この場合の問題はそこではない。敵の武器が楓にとって不利なもの――たとえば重火器――である時、
そして横で震える玲子だった。
「……」
玲子の前へと少しずつすり足で移動する。
相手もこちらを伺い、慎重に間合いを詰める。
それはとても長い時間だった。
それを破ったのは玲子の戸惑うような一声。
「あの…こ、こみパに……いませんでした?スタッフか何かで。」
「……こみパですか?スタッフですよ。」
少し柔らかい口調になる。場の空気が少しだけ緩やかなものになった。
「私に戦う意思はないんです……あなた達もそうなら、その物騒なもの、しまいませんか?」
南が両手を広げ、それを強調する。
「……助かったの……かな?それにしても……本当にこみパの人だったなんて…」
玲子が胸を撫で下ろしながら、本当に安心した顔をする。
「私もです。本当に世界は狭いわね……私も、別の意味で驚きました。」
二人が戦闘体制を解いても、楓は構えを解かなかった。解けなかったといったほうが正しいだろうか。
今までで一番強い黒く、嫌な予感。
「どうしたの?楓ちゃん。この人、この声、確かに聞き覚えがある。…さっきこみパの話したよね?
そのスタッフの人なんだ。毎回大きな声が通ってるの聞いてるから間違いないよ。」
楓が爪を下ろした。玲子にそう言われてはそうするしかない。
だが、爪は装備したままだった。
「えっと、お名前教えていただけるかしら?」
南は荒れた息を整えて、にこやかに笑った。

「玲子ちゃん達…そう、脱出ルートを探してるのね。」
南が話を聞き終えて感心したように呟く。
ゲームが始まり、初めての遭遇。それが殺人者でなくてよかったと楓は思う。
(でも何でだろう、この胸騒ぎ。)
楓の思考をよそに、南の話が始まった。
「私はこんなゲームのこと、よく分からなくて…帰りたいってだけ思ってたんですけど、
狂った人たちに襲われて、それで走ってたんです。」
本当に人心地ついたように南が笑った。
「詳しく話そうにも何がなんだか…この位しか分からないけれど、いいかしら?」
ゲームに乗せられ、狂ってしまった人達がいる。その事実に楓と玲子の顔が曇る。
(何で、この人は笑って話せるんだろう…)
――私のように、血に染まった過去があるわけでもないのに…
それは憶測に過ぎなかったが、ささくれとして楓の胸に波紋を呼び起こす。
「それで、お願いがあるんです…一人だと心細いので御一緒してもいいかしら?」
南の言葉に、玲子は二つ返事で了承の意を唱える。
「楓ちゃんも、いいよね。」
「玲子さんがそういうなら、私は構いません。」
確かに、この島を一人で行動するのは得策じゃない。
このまま一人にさせるわけにもいかない。
「とりあえず……周りに追ってきている気配はないみたいです。少し歩きませんか?」
楓の問いに、
「え、ええ、いいですよ。楓ちゃん、玲子ちゃん、よろしくお願いしますね。」
南と玲子が並んで歩く。こみパの話だろうか。漫画やゲームのキャラクターの名前が飛び出す。
(きっと気のせいですよね。)
楓は無意識のまま気づかない。記憶の彼方にある前世の自分が、
右手にある爪をはずさなかったことに。

[←Before Page] [Next Page→]