×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「ねえ……ねえってば……ああもうっ!」
 御堂(089)が柏木梓(017)、月宮あゆ(061)から別れて数時間、梓たちはその場から一歩も移動していなかった。いや、出来なかったというべきか。
 その原因は御堂と別れた後に聞こえた放送。
 その放送は普段のものとは違った。あの嫌な高槻ではなく、若い女性のものだった。
 内容も普段の死亡者報告ではなく、休戦、そして皆で力を合わせて助かろうというものだった。
 そしてその放送をした女性は……殺された。
 おそらくは主催者側の手によって。
 彼女の持っていた拡声器(梓はそう判断した)はその一部始終を生々しく伝えた。

 その凄惨な状況により、月宮あゆは恐怖におびえ、その場で震えることしか出来なくなっていた。
 それから数時間、梓がどう説得しようとも、あゆはまったく動こうとしなかった。

(しばらくは駄目か。そりゃそうだ、アタシだって……)
 頭の中に浮かぶ情景。それを梓は頭を振って払いのけた。
「ふぅ…仕方ない、しばらくここにいるしかないか。でもこんなとこを誰かに襲われでもしたら……」
 大ピンチだろう。自分はともかくこの子が危ない。
 そして自分はこの子を見捨てることは出来ない。
 梓はそう判断していた。
「誰にも出会わないことを願うしかない……か」
 そうつぶやく。
 しかし世の中とはそううまく行くものではなかった。こういう場合はとくにだ。
 目の前から人の気配。
 梓は身構えようとし、横にいるあゆを気にした。
(どうしよう……この子……守りきれる?)
 相手が一人ならともかく複数だと無理だ。敵でないことを願いつつ、梓はあゆにバッグの中から取り出した服をかぶせた。
「聞いてるかどうか知らないけど、一つ言っておくから。アタシはあんたを見捨てたりしない。絶対にね」

 そして目の前の木の陰から姿をあらわしたのは
「千鶴姉!」
 側から見ると満身創痍の柏木千鶴(020)だった。

[←Before Page] [Next Page→]