×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ReStart


[Return Index]

「んー、もう大丈夫やな。」
立ち上がる智子。
撃たれた方の腕を激しく動かさなければ、我慢できない痛みではない。
「せや、マルチ、頼みがある。」
「なんでしょうかー。」
「あんたの持っとる拳銃、あかりに渡してくれんか?」
「いいですよ。でも、どうしてですか?」
「あんたには、コレを使こおて欲しいんや。」
そう言って。自動小銃(64式)を見せる。
「…さすがにコレはもう撃てん。せやから、あんたに使こて欲しい。」
「…はい、分かりました。大切に使います。」

それから、と智子は問う。
「どうやった?例のサルベージいうんは。」
「はい。サテライトは使われていないようですが、本体内に蓄積されていた情報の方は。
 武器・弾薬・爆発物のデータ、電気、電子、通信関連のデータ。
 それから車の運転技能、そして薬草・野鳥に関するデータ。
 サバゲーのルール等のデータ。船戸与一の著書のデータ。そして『バトルロワイアル』のデータ。
 ただ、これについてはコミックス3巻分のデータしかなかったですー。」
 …あまり関係無いものもあるような…
「そーか。ただ、どうなんや。あんたの鳥頭で、そんなぎょーさん覚えられるんか?」
あうー、と言う感じで頭を垂れる。
「その分、優先順位の低いデータを消去しますから大丈夫ですよー。」
「そか。がんばって覚えなあかんで。あんたの友達の残してくれた、大切なデータやからな。」
…友達の残してくれた、大切なデータ。
その言葉に、ついと真剣な眼差しを智子に向ける
「はいっ!」

「じゃあ、マルチ。あんたにもう一つ頼みがある。」
外に止めてあるジープ。それを窓から見つめる。
「車に積んである無線使こて、情報を集めて欲しいんや。」
「はい。具体的にはどんな?」
「もちろん晴香のこと。それから高槻の動向。そして…藤田君が、今、何処におるか。」
…その言葉に、休んでいたあかりが振り返る。
そのあかりに向けて言う。
「…そろそろ、その件にも決着をつけんとあかんやろ。もう半分近お死んどる。
 ぐずぐずしとったら、藤田君が、それか私達が殺られることになる。」
「…うん。」
あかりの返事にうなずき返しながら、付け加えた。
「それとマルチ。もう一人探して欲しい人がおる。」
「どなたですか?」
「天沢郁未…晴香の、親友や…」

[←Before Page] [Next Page→]