×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夕焼けの空の下で


[Return Index]

…ざぁーっ…
夕焼けの海岸。
打ち寄せる波。
海面から突き出ている奇岩。
そこに腰をおろし、休息をとっている浩之。

そこから僅かに離れた場所に、ジープが到着する。
そのシートから降り立つ、あかりたち三人。
遠目に浩之の姿をみとめ、そっとあかりの背を押す智子。
あかりは頷き、ひろゆきの元へと歩いていく。
「…これは、賭けやな。」
殺戮者となってしまった浩之に、あかりの言葉が果たして届くのかどうか。
だけど…信じよう。二人の絆を。そして、あかりの想いの強さを。

…さく、さく、
近づいてくる足音。
閉じていた目を開け、顔を上げる。
そこには…ずっと会いたかった、本当に会いたかった、愛おしい少女の姿があった。
「……。」
言葉を交す事なく、見つめあう二人。
その時。少女の目から、ひと雫の涙がこぼれた。
「あかりっ!」
立ち上がり、抱き寄せる。
頬をすり寄せ、その暖かさを感じる。
言葉にならない想いがもどかしくて…二人、唇を合わせた。

「ここに来て…いろんな事があったね。浩之ちゃん。」
「…ああ、そうだな。」
本当に、いろんな事があり過ぎた。
「わたしね。最後に浩之ちゃんに会えて、本当にうれしい。」
そっと体を離すあかり。
「幸せだよ。とっても…だから、これで終わりにしたい。」
そう云い、あかりは自らのこめかみに銃口を当てる。
「あ…あかりっ!、なんでだよっ!」
「わたし、…汚されちゃったんだ。だからもう、浩之ちゃんとはいられない。」
どういう事だよ…。言葉を失う浩之。
「イヤなことがたくさんあった。だから、今、幸せなうちに、終わりにしたいんだよ。」
カチリ、と戟鉄にあてた親指を動かす。
「やめろよ!どんなになろうと、俺は…おまえが好きなんだ!それじゃぁ、ダメなのかよ!」
そう言う浩之に、あかりは涙を流しながら笑顔を向ける。
「ありがとう。わたしも大好きだよ。…さよなら。」
そう言って…引き金を引いた。
「あかりぃぃぃぃーっ!」

「大丈夫なんやろな。」
そう、つぶやく智子。
「はい。渡す前にちゃんと抜いてあります。」
「そうか…。」
言って、あかり達をみつめる智子。目を細める。


「…どうして…」
泣き崩れるあかり。
「ばか、死ぬやつがあるか!」
ひざまづいたあかりを、浩之が強く抱きしめる。
「俺だって汚れてる。この両手は。たくさんの血で」
その両手を握り締める。
「償わなくちゃいけない。そしてなにより、おまえを一人にしてしまったことを…」
少し身体を離し、あかりの目を正面に見据えながら、言う。
「償わせてくれ。俺は、お前を守る。どんなことがあっても。」
「ひろゆきちゃん…」
「だから、今は俺に、おまえの命をあずけて欲しい。な、あかり」
「ひろゆき…ちゃぁん。」
再び抱き合う二人、深く、深く。
そして少年の決意も、深く、力強いものだった。

「…行こか、マルチ。」
「えっ!? お二人に会わなくていいんですか?」
遠目に浩之たちを見やりながら、智子は言う。
「人の恋路をジャマするやつは…って言うしな。二人きりにさせとこ。それに。」
マルチの頭をかいぐりと撫でる。
「今のあんたは、結構頼りになるしな。うちら二人でもなんとかなるやろ。」
智子から初めて褒められて、顔を赤くする。
「あ、ありがとうございますぅ」
「生きとれば、また出会えることもあるやろ。だから、行こうや。」
「はいっ!」
返事をし、アクセルを踏み込む。

…クマのぬいぐるみと、そして幾許かの銃弾。
それだけを残し、ジープは海岸から去っていった。

[←Before Page] [Next Page→]