×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

誰が為に君は泣く


[Return Index]

「はあっ、はあっ、はあっ、はあっ……」
どこまで走ったんだろう。
もう、そんなことも考えなくなってしまった。
ただ黒い想念で心がいっぱいになっていること、
それだけははっきり頭で分かっていたと思う。
「兄さん……、冬弥くん……、由綺……」
信じていた人は、もう、皆いなくなってしまった。
私は……、どこまでいっても一人で……。

森を抜けて、歩道を走って、もう結構な距離を経ていた。
足が痛む。
もしかしたら、気付かないうちにひねっていたのかもしれない。
でも、立ち止まったら泣き出してしまいそうで……。
そうなったら、もう私はただの女の子なだけ。
きっと立ち上がれない。
兄さんの……、敵をとれない。
だから、痛む足をこらえて、ずっと走っていた。

胸が苦しい。
気持ちはまだ走りたがっている。
でも、私の体力じゃもう走れない。
仕方なく立ち止まる。
そこは、見たことも無い場所だった。
「……ああ」
うめき声をあげる。
体の苦しさに耐えかねたのでも、どこかを痛めてたのでもない。
私の周りは、惨状だった。
焼け焦げた地面。
吹き飛んだ歩道。
黒ずんだ何かの塊。
視界に入ったものはそんなものだった。

嫌ぁ。
何で?
何でこんなもの見せるの?

生々しい肉片や血痕が残っているわけでもない。
だが、そこの状況は恐いくらいのシュールさで私に何か訴えてくる。
コレが、殺し合いということ。
この島のすべてが、つまりはこういうこと。

憎しみも、恐怖も、何もかもが暴走し始めてる――。

「……うえっ」
込みあがってくる吐き気。
耐えられないはずの何かが、もう限界を超えて沈殿している。
私はその場にうずくまった。
苦しい。
昨日は結局何も食べていなかったから、胃の中は空っぽだった。
痛い。
痛い。
黄色い胃液が、何度も私の喉からこぼれた。
「……うっ、うっ、うっ」
肺が引きつる。
何も考えられない。
頭が真っ白になりそうだ。

次第にふらふらになる意識の淵で、一筋、何か輝くものがあった。
私は、もうずいぶんボロボロになってしまった体を引きずって、
それを確かめにいった。
「……これ……は……」
やけに重そうで、それですごく乱暴な印象を受ける……ナイフ。
私はそれを拾い上げた。
見た目どおりに、いやそれ以上にそのナイフは重かった。

「……神様なんてものがいるんだとしたら、感謝しなくちゃいけないのかな……」

とうとう私に力が手に入った。
マイクなんかじゃ、人を殺すことが出来ない。
あれは歌を歌うためのものだ。
そして私には歌しかなかった。
歌うことは私を昂揚させ、時には見知らぬ誰かの事を癒すこともあっただろう。
でもそれじゃダメだった。
奪うための力が、傷つけるための力が必要だった。
嬉しかった。
私は両手でそのナイフを抱えた。
これで、あの女を殺せる。
大好きな兄を殺した、あの女を。
私は、再び歩き出した。


頬から流れ落ちる雫。
それは随喜の涙でも絶望のそれでもない。
だけど、その涙は頑として止まろうとしてくれなかった。

[←Before Page] [Next Page→]