×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

壊れた小銃


[Return Index]

(うまくいった……)

 姫川琴音が走り去った後、彼女に銃を渡した男は内心ほくそ笑んだ。
 あの小銃は『壊れている』。
 撃ったらまず間違いなく暴発し、使用者の命を奪うはずだ。
 銃の扱い方を教えた際、「残弾は少ないから」と言って試し撃ちをさせなかった。
 そんなことをされたら、わざわざ壊れた銃を渡した意味がない。

 そもそもあの銃は、焼け落ちた公民館から偶然拾った物だった。
 だが少し調べてすぐに、この銃は使える状態にないことがわかった。
 銃の知識は、その程度には持っていた。
 そこで男は思い付いた。
 少しでも自分の良心が痛まないように、誰かを殺す方法を。
 自分が手を下す必要はない。勝手に死ぬように仕向ければいい。

(あの銃を使うか使わないかは彼女の判断だ。
 運が良ければ生き残るだろう。
 悪くない。自分は悪くない。
 悪くない。何も――)

 一日目に百貨店から無目的に奪ってきた黒いコートをなびかせて。
 男、巳間良祐は、その場を後にした。
 残された空間には、ただ、乾いた風が吹くばかりだった。


 琴音は走る。
 壊れた小銃を手に。
 ターゲットがどこかにいないかと、探りながら――

[←Before Page] [Next Page→]