×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

優しい嘘


[Return Index]

「………」
楓がそのままの姿勢で女を見下ろした。
――この島でこの状態ではもう助からないだろう――
それほどその人は傷ついていた。
「あら、あなた……追ってきたの?」
「はい……あの話を知っているあなたが生きているのは……都合悪いですから。」
「……そう。」
南がいつものように、笑って。
「ただね……夢を叶えたかったんですよ。私の夢をね。
こみパのような、大きな即売会を――。」
南と主催者の間で、どんなやりとりが行われていたかは分からない。
だが、南の表情は終始穏やかなまま。
「ひとつだけいいですか?どうせ死ぬんですから、どうだっていいと思います。
嘘も方便ですし。私は改心した、そう思ってくれませんか?」
楓が無表情に頷く。
「別にどうだっていいんですよ。私は……どんな理由があろうと…
ジョーカーなんですから。」
「……」
「ただ、最後には……夢を見させてあげたいじゃないですか。」
「……そうかもしれません。」
南が最後に、彩の最後に果てた場所を一瞥し――。
傷つきすぎたその表情は、もう楓には分からなくて。
「殺るんでしょ?どうぞお好きに。この状態じゃ、どうせ助かりませんから。
このまま生き長らえてもつらく、痛いんですよ……。」
本当に最後まで変わらぬ口調。
「はい。」
楓の鉄の爪が光る。
「和樹さん達にも嘘をついてくださいね。」
ドシュッ!
同時に楓の爪が南の胸に深く食いこんだ――。

(……本当は誰よりも哀しい女性だったのかもしれませんね。)
楓は南の亡骸に軽く会釈して、また森へ消えた。

080 牧村南 死亡

   【残り53人】

[←Before Page] [Next Page→]