×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

relay


[Return Index]

あれから、しばらく。
江藤結花・来栖川芹香・スフィーの間には、何とも言えない重い空気が流れていた。
この島に来てからまだ人が死ぬ場面を見てこなかった3人にとって、長谷部彩の死は
苦楽を共にしてきた仲間の死という事実以上に、受け入れがたい現実として3人の胸に
深く刻み込まれていた。

うつろに歩く3人の進む道、その道の脇に、一人の少女は息絶えていた。
もう何度も見た光景。
これまでなら無視して通り過ぎるのだが、その少女の横顔を見た結花が、
「あっ、この人…」
ゆっくりと歩み寄り、顔をのぞき込む。
「やっぱり…、そうだ」
静かにつぶやく。
「昨日の夜中、私を斬りつけようとした人」
深山雪見の事だった。ただ、結花も他の2人もその名前は知らない。

結花は、昨日の出来事を思い出していた。
あの時は、切羽詰まった表情で、私にサバイバルナイフを向けていた少女。
でも今の表情は、どことなく穏やかで、落ち着いた感じ。
そこに、少しだけ救いを見た気がした。
「この子も、誰かに殺されたんだ…」
「………」
「もう、私たちには止められないのかな。このゲーム」
「そんなことないよ」とスフィー。
「私、許さない。このゲームを動かしている人も、それに乗って人殺しをしている人も。
だから、早く結界を解こうよ」
「うん」
「………」

すぐ近くに生えていた花を2,3本ちぎり、そばに手向ける。
脇に落ちていたライフルと、荷物を手に取った。
「誰が殺したか解らないけど、この仇は私たちが取ってあげる。きっとね」
「………」
「そうだね。ゲームを早く終わらせよう」
3人はゆっくり立ち上がり、決意も新たに歩き出した。

[←Before Page] [Next Page→]