×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最後の言葉


[Return Index]

「おおおおおお!」
号泣が、聞こえる。

七瀬は痛む腰を抑え、のろのろと散弾銃を拾った。
このゲームの現実を今になって体感した。
振り向けば。浩平が地を叩いている。
涙を流していた。

号泣が、聞こえる。

その奥に黒いコートの男と、長森瑞佳が…倒れていた。
視界が暗転する。ぎりりと奥歯をかみ締める。
涙が溢れていた。

号泣が、聞こえる。

二人の目が合う。
七瀬は膝の痙攣を無視して大股に浩平に歩み寄り、引き摺り上げる。
そして胸倉を掴み叫んだ。
七瀬は知らないが、ちょうど浩平がコートの男にしたように。
「何やってんのよ、このバカッ!!」

「ななせぇ…ながもりが、長森が…俺を、俺をかばって…!」
「うるさいッ!泣くな!聞きたくない!」
手を離し、浩平をひっぱたく七瀬。
その七瀬も、ぐしゃぐしゃに泣いていた。
「バカッ!バカッ!」
何度も何度も、ひっぱたいた。
やがて浩平は膝をつき、七瀬に抱きついて、泣いた。
七瀬も浩平の顔を抱いて、泣いた。

号泣が、聞こえる。

「こう、へい…?」
2人はぴたりと泣き止む。
「長森!?」
「瑞佳!?」
微かな希望に駆け寄るが…同時に歩みを止める。

血を吐いていた。目に光がない。
これは助からない、そう思った。

「こう、へい?」
「お、おう」
「いつも、いつも、ありがと…ね
 待っててくれたとき、うれし、かった…よ」」
「なんだよ、それ」
「もう、駄目、みたい、だから…さ」
「何言ってるんだよ、ばか
 お前がいなくなったら、毎日遅刻しちまうじゃねえか」
「だいじょぶ、だよ
 ななせさん、が、いる…もん」

七瀬が息を飲む。
「ね…?だいじょぶ、だよ、ね?」
「瑞佳が大丈夫なら、大丈夫、だよ…」
「そうだぞ、コイツには無理に決まってるだろ、このばか」
「ええ、ずるいよ、そん、なの」

ごぽ、と音を立てて血を吐く。
「長森!」
「瑞佳!」

呼吸が浅くなっていく。
「ね、こうへい?」
「お、おう」

血が、止まらない。
「大好き、だよ?」
「おう、おう」

そして、最後に。
「-----ぎゅって、して…」

 【093巳間良祐死亡】
 【065長森瑞佳死亡】

[←Before Page] [Next Page→]