×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夜、走る


[Return Index]

「じゃ、お先にな」
 祐一にそれだけ言って、北川は男用寝室に(仮)に入っていった。
 暗い静寂の中、祐一は一人取り残される。
 窓の外は相変わらず星が綺麗で、地上にいる自分達を照らしてくれる。
 いっそのこと、これから歩む道も照らしてくれたらいいのに、と思う。
 そうすれば、こんな所で迷うこともない。
 最後まで、まっすぐに進める。
 その先に何があるかは、別の話だった。
 部屋の隅にある自分の鞄に手をかける。
 中には、僅かな食料と水、カスタムエアーウォーターガン、予備タンク。
 幸運なことに、この武器を使ったことは、まだない。
 ただ一度、名雪を威嚇するのに、口を向けただけ。
 ――名雪――
 名雪はどうしているだろうか?
 錯乱しているかもしれない、自分を助けるために真琴を殺し、そして銃を向けられ。
 今思うと、軽率な行動だと思った。
 だが、後悔してもどうにもならないのだ。
 溜息一つつき、鞄を持ち上げた。
 繭の言葉は、今でも胸から離れない。
 それでも――
「悪いな、繭」
 その場に彼女はいないのに、言う。
 玄関に向かって歩き、

「どこ行くつもり?」

 声を聞いた。

「なんだ繭、起きてたのか」
「どこ行くつもり?」
「こんな時間に起きたりして、子供は早く寝ろ」
「どこ行くつもり?」
「肌が荒れるぞ?」
「どこ行くつもり?」
 祐一の言葉をひたすら無視し、繭はただそれだけ聞いた。
 バツが悪そうに頭をかく祐一に、軽い侮蔑の視線を送る。
「これだから……男ってやることが卑怯よ」
 ガキが何を言うか――と言いたくなるのを堪え、ただ
「悪い」
 と謝る。
「悪いと思うんだったら、最初からやるんじゃない」
「今度からは気をつける。だから、今は――」
「はいはい。わかったわかった……まったく」
 諦めの視線を送り、そのまま部屋の隅へ。
 キノコが入った自分の鞄を、肩に背負った。
「繭?」
「行くなら行きましょ。見張りいなくなるのは痛いけど、多分大丈夫よ」
 軽口を叩く。
「そうじゃなくて、お前さっき――」
「考えたんだけどさぁ」
 またもや祐一の言葉を遮り、繭は続けた。
「あなたは私の奴隷でしょ? 奴隷は管理する人がいないと。
 勝手な行動とられちゃ、困るのよね」
 言って、笑う。
 その笑みには、他に何の意図もなく。
「いいのか?」
 祐一はそれだけ訊いた。多分答えは――
「しつこい男は嫌われるわよ」
 思った通りだった。
 もう何も言わず、祐一は玄関のノブを回す。
 二人は静かに、それでも力強く、夜の闇へと躍り出た。


「行ったな」
「ジュン、行かせてよかったの?」
「どうせ行くだろうと思ってたしな。
 朝になったら俺も動くよ。このCDを集めてみようかと思う。
 『2』ということは、何かあるはずだ。今の俺には、それしか出来ない」
「そう。応援するヨ!」
「あれ、一緒に来ないの?」
「もちろん行くヨ! 上手くいったらいいネ!」
「そうだな――」

 夜は、さらに深く、強く。
 生きる者を、包みこんでいった。

[←Before Page] [Next Page→]