×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

形而下の戦い〜走る〜


[Return Index]

「ぐ……何よ何よなんなのよあの人っ」

詩子は柄にも無く毒づいていた。
まだ喉が痛む。
凄い力で締められた。
あれが女の人にやられたなんて信じられない。
恐らく、くっきりと赤い手形が首についているんだろう。
よく逃げてこれたものね……、ホントに。

死にたくない。
死にたくないよ。

その一心だった。
無我夢中だった。
全速力で走った。

よぎる。
狂気に囚われた、恐ろしい彼女の様相が。

「うっ!」

意識が途切れる。
闇に……沈む。



……ありゃ? ここどこだろ。
いつのまにこんなとこに迷い込んだのかな。

なんだか体が軽ーい。
気持ちいい……。

……ていうか地面無いよ、ここ。
何で私沈んでないの?

えっと……たしか森のり口で待ってて、
それでいつまでも来なくて、
変な女の人に襲われて……。

……ってそうだよ!
私襲われたんじゃない!

思わず首に手を当ててみる。

……ありゃ、痛くない。
すごく苦しかったはずなのに。

……しかもよくよく考えたら私、
全力で逃げてたはずだし……。

ポンっ。

そっか。
これ夢だよきっと夢〜。
な〜んか妙にふわふわしてると思ったのよね……。

……でもいつの間に眠ったの、私。
確か走っていたはずなのに。


ドクン。


喉が、疼く。


私――死んだの?

「そんなことはないです」

え!?
……誰!?

「あなたはちゃんと生きていますよ、詩子」

茜!?

「ハイ」

良かった……。茜、無事だったんだ。

「ハイ」

相沢君に、会ったんだよね?

「ハイ」

うん……、でもとにかく元気でよかった。

「詩子」

茜が私の手を取る。

「こんなところで倒れていてはダメです」

え……。何……?

「まだすることがあるはずです」

そう……なの?

「頑張って生きてください」
……うん。

「では起きて下さい。そろそろ起きないと遅刻しますよ」



「…………あ」

むくり、と起き上がる。
いつのまに倒れていたんだろう。

「私……、気を失っていた?」

首をしめられた時に喉を痛めたんだ……。
それなのに全力で走ったりしたから……。
呼吸困難で失神……、かっこ悪い。

右の手のひらにほのかな温かみ。
そういえば、なんだか懐かしい人と会った気が……。

――まさか。

キョロキョロとあたりを見回す。
だが周りには誰もいない。
誰かがいた様子も無い。

「――茜」

パン! パン!

両頬を手のひらで叩く。
鮮烈な痛みが走る。
でも、なんだかすっきりした。
眠気覚まし代わりだ。

さあ、いこう。
まだ、立ち止まっていられない。

「……よし」

そして、私は再び走り出した。
まだ見えない森の終わりと、この闘いの終わりを目指して――。

[←Before Page] [Next Page→]