×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夜の森往く抵抗者


[Return Index]

 ブツッ。

 放送が途切れる。
 もう何度足を踏み入れたかわからない森の中で、茜は五回目の放送を聞いていた。
 残りは51人という言葉が心に残る。
 英二の死を看取りその妹に狙われてから、茜はこれまで、これといった行動を起こしていなかった。
 と言うより、誰とも出会うことがなかっただけなのだが。
 自分の知らない所で、気付けば多くの人間が死んでいた。
(……さっきの放送、長森さんの名前がありました)
 同じクラスの少女、誰にも優しく、おだやかで。
 そんな彼女も、死んだ。
 むしろ、あのような性格だからこそ、こんな状況で生きていけるわけなかったのだと思う。
 さほど親しくなかったクラスメートに、短い黙祷を捧げる。
 その途中だった。
「里村茜だな」
 自分に、声がかけられたのは。

「……誰?」
 親しくもない人間に呼び掛けられたら、とりあえずそう返すことにしている。
 だが、この顔には一応見覚えがあった。
 たしか、ゲームの管理者、高槻と言ったか。
「おいおい忘れちまったのか? ゲームの管理者、高槻だ」
 どこかの誰かと同じことを言う。
 ひょっとしたらこの男も、根はなかなか面白い奴なのかもしれない。
 歪んではいるが、一体何がこの男に影響を与えたのだろうか。
 茜はふと、そんなことを思った。
「……私に、何か用ですか?」
 怯えもせずに、言う。
 自分でも驚きだった。
 なにしろこの男は、こんな恐ろしいゲームの管理人なのだ。
「あぁ、用があるのさ」
 高槻は口のはしをにやりと歪め、言った。
「お前は今のところ、このゲームの殺人ランキングで2位になっている。
 1位は藤田と言う男なのだが、こいつが随分と丸くなっちまってな。
 殺人者として見込みがなくなっちまった。
 そこで、だ、お前には『ジョーカー』をやってもらいたい」
「……『ジョーカー』ですか?」
「あぁ、そうだ。まだ生き残りが半分もいる。
 どいつもこいつも、仲間意識が強くて、殺しなんぞやりそうにない。
 だからお前には、そういった連中を排除してもらう」
 茜にとって、それはよくわからない提案だった。
「……よくわかりません。
 ……言われなくても、私を殺そうとする人がいれば、私は殺します」
「違うんだよ」
 高槻は茜の言葉を否定した。
「お前には『手駒』になってもらうのさ。俺達がバックにつく。
 定期的にこちらから場所を連絡して、その場にいる人間を一人殺せばいい」
「……私にメリットは?」
 その茜の言葉に、高槻は笑みを深めた。

「8人殺してもらえればいい、そうしたらお前はゲームから開放してやる。
 武器も良いのを渡してやるし、食料も与える、安全な寝床も用意するぞ?
 この島で、俺達に把握できていないことなんかないからなぁ」
「……そうですね。あなた達がこの島を造ったのですから」
 茜の言葉に、高槻の笑みが凍り付く。
「何故知っている、貴様」
「……簡単なことです。私は百貨店に入りました」
「だから、何故それでわかったんだ」
「……人の生活の気配がありません。この小さな島に百貨店があるのもおかしいです。
 ……それは住宅街も同じ。この森にしたって、動物が少なすぎやしませんか?
 ……家の中には包丁や食料があり、工事現場にも武器になりそうなものがあります。
 ……全部含めて、このゲームの為に用意されたものなのでしょう?」
 何事もなかったように言い放つ。
 茜の言葉に高槻は言葉をなくし、そして笑い出した。
「ハァーッハッハ。気にいった、気にいったぞお前。
 俺達の力は強大だ、もし受けてくれるなら、今後お前の人生全て保障してやってもいい。
 どうだ、やってくれるな?」
 提案は、茜にとって魅力的なものだ。
 所々で補給したとは言え、食料や水も尽きかけている。
 夜になったら、また寝床も探さなければいけない。
 何より、自分は帰りたい。
 だが、何よりも決定的なこと。
(……私は、現実的なだけです)

 高槻が銃身も持ち、グリップを茜に向けた。
「さぁ、銃を取れ」
 茜は右手を動かし――

「……嫌です」

 隠し持っていた銃で、発砲した。

 弾丸は高槻の両腕を貫き、高槻は銃を取り落とした。
 すかさずその銃を蹴り飛ばし、奪う。
「き……貴様ぁぁぁぁっ!
 何故だっ! 何故乗らないぃっ!!」
 高槻が叫ぶ。その声は怒りで満ちていた。
「……私は現実的なだけです。
 ……利用するだけしておいて、裏切るつもりだったでしょ?」
 冷たく言い放ち、歩き出す。
「貴様、俺を殺さないのか?
 管理室についたら、絶対にぶっ殺してやる!」
 その脅しにも、茜は立ち止まらず言った。
「……あなたには無理です」

「あの女……殺してやる、ぶち殺してやる……」
 森の中を、血だらけになりながら歩く。
 許されることではなかった。自分があんな小娘に遅れをとるなど。
 あってはならないことだった。
 だから――

 ダンッ、ダンッ!

 高槻は、撃たれた。

 森の中から、人影が近付いてくる。
 その人影は高槻の傍らで立ち止まり、死体となったそれを蹴り飛ばした。
 人影は、死体と全く変わらぬ姿形。
 高槻だった。
「05の馬鹿が。先走りすぎなんだよ。
 上――主催と観客は、あくまで仲良しごっこを楽しんでる連中が、最後には醜いさま曝け出して殺しあうのが見たいんだよ。
 『ジョーカー』なんぞ用意して、楽しみ潰しやがって。
 今頃他の『高槻』には厳重注意がいってるよ。
 だがお前はこれでいい。小娘ごときにやられる貴様なぞ、いらん」
 自分と同じ姿をした高槻を蹴りながら、高槻は言った。

「何故お前のナンバーが『05』なのか教えてやろうか?
 お前は5番……5体の中で一番出来が悪かったんだよ。
 さて……こちら04。05は排除――」
 そこまでだった。
「……な?」
 自分に何が起こったのかわからなかった。
 そのまま口と額から血を流し、05の死体の上に重なるように倒れる。
 全く同じ姿をした二つの死体。
 04を狙撃したのは――立ち去ったはずの茜だった。
「……いろいろわかりました、ありがとうございます。
 ……でも、死ぬ前に悪事を喋るのは、三流のやることです」
 04の死体から銃を奪う。
 05から奪った銃はサイレンサー付きだった。
 そのせいで、04には銃声が聴こえなかったのだ。
「……だから言ったでしょ」
 05を見下ろし、呟く。
「……見てますか?
 ……私は簡単には死にません。
 ……ゲームのルールに従い、生き残ります」
 この様子をどこからか監視している存在に、誓う。
 風の吹く夜の森を、茜は歩き出した。

【高槻04、高槻05死亡 残り高槻4人】
【05からサイレンサー付き銃、04から銃入手 種類は不明】
【主催側から高槻に干渉 高槻はゲーム参加者に手を出すことを制限】

[←Before Page] [Next Page→]