×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

King of Kings


[Return Index]

「かず…き…?」
 詠美はその場に座り込む。
 期待していたのだ。
 和樹はきっと楓より自分が大事。
 それを証明するために追ってきてくれる。

 それは日常においては可愛い行為だったかもしれない。
 相手の愛を確かめ、自分がより相手を愛するための通過点になったかもしれない。
 和樹も可愛いいたずらと笑ってくれたかもしれない。

 頭の中で描いていたのは追ってくる和樹。
 頭の中で描いていたのは和樹の愛の囁き。
 もう二度と手に入らないものたち。

 目の前で繰り広げられたのは。
 現実感のない悪夢。
 全てが見終わったのにまだ覚めぬ悪夢。

 和樹の手を握る。

ぎゅっ…

 温かい。まだ生きているかのようだ。

ぎゅっ…

(え…?)
 握り返された。
「和樹!?」
 しかし、骸が動くことなどないのだ。
 それは詠美による妄想。

「和樹…。好き…」
 頭は首に支えられていない。
 支えているのは詠美の両手。

「和樹…。愛してるよ…」
 唇を重ねる。
 血の味がした。
 抱きしめる。
 抱きしめる…。
「愛してる…。和樹…」
 もう一度言う。

 俺も愛してるぜ。

 詠美の耳だけに聞こえた返事。
 涙が止まらない。
 その声が聞こえてまた涙が出た。
 和樹の死を実感してしまった。
 雫が頬を伝う。

 だが、勇気が出た。
 和樹の声が勇気をくれた。
「和樹のしたかったこと。楓ちゃんのしたかったこと。私が受け継ぐよ」
 立ちあがる。
「私は同人界のKing of Kings! 詠美ちゃん様なのよ!」
 自分を奮い立たせる。
「このつまんないゲームのストーリーは!」
 瞳に光が戻る。
「この詠美ちゃん様が描き直してやるんだから!!」

(もう大丈夫。だから…。心配しないで見ててね。和樹…)
 詠美の心に決意が宿った。

[←Before Page] [Next Page→]