×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ふたりだけのせかい〜sacred days〜


[Return Index]

 そこは二人だけの世界。
 全ての介入が無意味となる世界。
 度々聞こえる銃声も、定時放送も、彼等にとっては意味をなさない。
 彼等が出会い、その世界が生まれた。
 星空の祝福する下、彼等はいた。

「ねぇ、浩之ちゃん」
「どうした? あかり」
「ちょっと、話し疲れちゃったね?」
「あぁ、そうだな」
「でも、まだまだ話し足りないよね?」
「そうだな。俺達の過ごしてきた時間だからな。いくら時間があっても、足りないぜ」
「ふふ、そうだね」
「あぁ。だから、もっと話そうぜ?」
「うん……ねぇ、浩之ちゃん?
 こうして星空を見上げてると、私達、世界に残された最後の二人みたいだね」
「ずいぶんとおかしなことを言うんだな」
「酷いよ浩之ちゃん……」
「はは。あかりらしくて、いーんじゃねぇか?」
「今日で世界が終わっても、私は幸せだよ。浩之ちゃんといるんだから」
「あかり?」
「世界に残された最後の二人って言ったよね。だから、浩之ちゃんがいなかったら生きていけないんだ」
「……俺もだぜ」
「浩之ちゃん、守ってくれるって言たよね。もしも、どっちか先に死んじゃたら……」
「……わかった。約束する。だけど、生きて帰るぞ?
 どっちかが死んだりしたら、それは世界の終わりだな」
「そうだね……。
 聖なる瞬間っていうのかな。
 好きな人と迎える、世界の最後の瞬間っていうのは」

 二人、口づけを。
 この世界がいつまでも続くようにと――

[←Before Page] [Next Page→]