×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

羽根。


[Return Index]

「……何のためにこのゲームを企画したしたかだって?」
長瀬源一郎がそう訊ねると、長瀬源之助は苦笑して答えた。
「儂に意図はないよ」

空。
そこは、遥かな雲の上。
そう――七瀬彰が推測した事情は、半分は当たっていた。
企画者、長瀬一族の内の、長瀬源之助、長瀬源一郎、長瀬源四郎、
そして、フランク長瀬。四人が、上空で「観察者」を演じていた。
一族の残りの二人が何処にいるかは知れぬ。
レーダーに写らない、不思議な構造の浮遊物体の中で、上空数千メートルの高さで、彼らは観察している。
体内爆弾を爆発させるための、観察者として。恐ろしく高性能なカメラが、それを可能としていた。

ゲームが始まる、前日の事。
何故このゲームが企画されたかは、長瀬一族の誰も、実は知らぬ。
そこに働く意図を汲み取れぬまま、流されるままに、殺人教唆を行う事になる、長瀬一族。
彼らに罪悪感が生まれたのかは判らぬ。だが、意図は彼らに確かに組み込まれた。
そこに働くのは、強制力のようなものである。
彼らの心根ではどうであれ、彼らは企画をしないわけにはゆかなかった。
だから、彼らに罪はないと云えるかも知れぬ。
だが、現実、「これ」が無事に(無事に、というのもおかしな表現ではあるが)終わったならば、
彼らは法に裁かれる事になるだろう。それは、不運であったとしか云いようがない。
――だが、一族全員が必ずしも意図をまるごと飲み込んだわけではない。

彼らの父――セバスチャンこと長瀬源四郎に、長瀬源一郎、フランク長瀬の二人が談判に来たのは、
彼らが「意図」を素直に飲み込めなかったからだろう。
願いは一つ。
自分たちの甥をこの馬鹿げた戦に放り込まないでくれ、というもの。
だが、彼らもまた、この戦いの部分となる事を定められたもの。
だから、その希望は却下された。
だが、彼らとて引き下がるわけにはいかぬ。可愛い甥をみすみす死地に送るような事など出来ぬ。
――だから、妥協案を出したのである。
その甥二人には、参加者全員に埋め込まれるはずの、体内爆弾を例外的に外す、と。
二人は納得したわけではない。
だが、彼らとて理解したのだ。甥二人を死地に遣るのは避けられぬ事と。
ならば、せめて体内爆弾などと云う、危険極まりないものを外せるだけでもまだマシだ、と、
そう考えたのである。
妥協が心に生まれた瞬間、諦めが生まれた瞬間、強制力は二人の心に、可愛い甥を殺す事を強いた。
そして、殺し合いは次の日、始まったのである。
フランクと源一郎が参加者を監視する役についたのは、そういう事情があった。
後の二人も同じ役を請け負っているが、二人とも歳であり、長くは起きていられぬので、
必然的に彼ら二人が主な監視者となる。
――といっても、爆発を巻き起こす権限は彼らにはない。それは、高槻の仕事だ。
フランクたちが得た情報を彼に転送し、高槻の操作によって爆弾は破裂する。

だが、杜若きよみを死に至らしめたのは、高槻の判断で、であった。
だから、観察者としての仕事を彼らは未だ一度たりとも果たしてはいない。
源一郎たちが情報を転送しようとした時には、既に彼女は爆発していた。
そして、直感している。多分、自分たちの仕事は殆どない。
高槻の報告を、通信機越しに聞く事だけだ。
愚かで卑屈な男であるが、悪知恵が働く男だ、と苦笑せざるを得ない。
自分たち長瀬一族に頭が上がらぬようではあるが、何を考えているかも知れぬ。
クローンの存在にも気付くやも知れぬ。事実、クローン同士での戦いもあった。
だが、誰が本物であるかも彼らは知れぬ。自分が偽物である事を知らぬまま、生きていくだけやも。
長瀬一族は、高槻の所属する集団……FARGOの上位団体であった。
だから高槻は頭が上がらぬ。だが、長瀬一族とて「意図」に反する事は出来ぬのだから、
支配されているという点に於いて、彼らは同じだ。
結局長瀬一族に課せられた仕事もまた、人が死んでいくのを見ながら、甥達が死なぬ事を祈りながら、
――観察を続ける事だけなのだから。

彼らに意図を課したのは誰か?
もう、そなたは気付いているやも知れぬ。

余だ。

[←Before Page] [Next Page→]