×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

別れの引き金


[Return Index]

 右手には小銃を持って、左手にはナイフを持って。
 琴音はただ、走った。
 目的は一つ、浩之に会うために。あかりに会うために。
 信じられる人だから。
 だから、二人の姿を見つけた瞬間。
「藤田さん! あかりさん!」
 喜びの声を上げて、走り寄った。

「琴音ちゃん! 無事だったか!」
 突然の声に戸惑いつつもそれが琴音だとわかり、浩之の顔から笑みがこぼれた。
 あかりも、その横で驚きながらも手を振っていた。
 二人の前で立ち止まり、一息つく。
「会えてよかったです。怖かった、です……」
 そう言い、泣き出した。
「よしよし。よく頑張ったな」
 浩之はそっと琴音を抱き寄せた。
 あかりも優しく見守っている。
 そのまま時間がすぎ、やがて琴音が口を開く。

「何人にも、裏切られました……。
 私、また人間不信になっちゃいました……。
 でも、私わかったんですよ」

 ――シンジャエバ、ダレモウラギラナイッテ――

 ――ミンナ、トモダチデイラレルッテ――

 ――ワタシ、ツヨクナレタンデスヨ――

 ――ヒロユキサン、アカリサン、ホメテクレマスヨネ――

 声は、どこか遠い、遠い世界から聞こえた気がした。
 それはある意味、間違いではなかった。
 凍り付いた表情のまま、浩之は悟った。
 この子は、今、別の世界にいるのだと。
 何も見えない、何も聴こえない。
 そんな間違った世界に。

「琴音ちゃん……何を、言ってるの?」
 信じられないものを見たような、そんなぎこちない笑みを浮かべ、あかりは訊いた。
 おそらくあかりも理解しているのだろう。
 だが、理性がそれを認めないだけなのだ。
 この少女は、壊れている。
「何を言ってるんですか? 私、間違ったこと言ってませんよね?」
 琴音は不思議そうな表情であかりを見た。
 その視線は、自らの言葉に含まれた『意味』がどういうものなのか、まるでわかっていないようだった。
 極限の混乱状態の中で、自分の間違った思考が全ての中心だった。
「……琴音ちゃん、それは……違うよ」
 ようやく、浩之が声を絞り出す。
「死んだら……裏切らないんじゃない……裏切れないんだ……。
 それは強さじゃない、弱さだよ。
 こんな状況じゃあ……みんな狂ってしまうけど、それでも信じることが強さなんだ」
 そんな強さの先に何があるのかは知らないけど、と、心の中で言う。
 綺麗事を言っているのはわかっていたが、自分のしてしまった罪と償いを考え。
 そして、たとえ先に何があろうと、綺麗に人間らしく生きたいと。
 それが浩之の出した答えだった。
 もっとも、それより優先されることとして、愛する人を守ることがあったが。
「え……何を言ってるんですか?
 浩之さんまで、何を言ってるんですか!?」
 浩之の言葉は琴音に届かなかった。
 当然だ、考えに考えて出した琴音の結論を、真っ向から否定する言葉だったからだ。
 自分の否定――それは、『裏切り』だった。
 少なくとも、今の琴音にとっては。
 浩之は、裏切ったのだ――

 左手のナイフで浩之の腹を刺し、そのまま間をとる。
 浩之の体が崩れ落ちた。
「浩之ちゃん!」
 あかりが叫び、浩之にかけよった。
「信じていたのに……藤田さんまで裏切るんですね?」
 そんな二人に、琴音は銃を向けた。
「もういいです、死んで下さい。死んだら、裏切りませんよね?
 ずっとずっと、友達でいてくれますよね」
 琴音の指が引き金にかかり、
「だめだっ……」
 浩之が小さく、それでもしっかりした声で言った。
 腹にナイフが刺さったまま、傷口から血を流しながら、それでも、はっきりと。
「……引き金を引いちゃだめだ……嫌な、予感がする……」
「浩之ちゃぁん、喋っちゃダメだよ!」
「琴音ちゃん……引き金を引いちゃ、ダメだ……」
 あかりの制止も聞かずに、琴音に言う。
 琴音の指は引き金にかかったまま、止まっていた。
「琴音ちゃん、もう一度……言う。
 琴音ちゃん間違ってる……だけど、俺達は裏切らない。
 引き金を引いちゃだめだ……絶対に、よくないことが起きる……」
「ひろゆきちゃぁん……」
 浩之の声から力が失われていく。
「琴音ちゃん、銃を捨ててよ!
 浩之ちゃんを安心させてあげてよ!
 浩之ちゃんを信じてよ!
 ひろゆきちゃんが……しんじゃうよぉぉ……」
 あかりの悲痛な泣き声が、琴音の心に刺さる。
 それと共に、今までのことが、琴音の中に浮かんだ。
 この二人に、どれだけ勇気づけられ、どれだけ励まされたことだろうか。
(どうすればいいの……。
 浩之さんは……私を裏切って、私を信じて……。
 でも、死んじゃえば、ずっと友達で。
 だけど、撃ったらよくないことが起こるって……。
 浩之さんは私を裏切ったけど、だけど、私を今まで支えてくれて……。
 ウラギッテ、シンジテ……。
 ドウスレバ、イイノ……?
 ヒロユキサン……ドウスレバ)

 限界だった。
 ほんの僅かのきっかけで、琴音の心は崩壊するところだった。
 次の言葉を浩之が言おうとして。

「何をしてるんだ!?」

 そして、きっかけは、全く違うところから訪れた。

「――っ!?」
 琴音は即座に声のした方向に向き直り。

 引き金を引いた。
 引いてしまった。

 爆音が夜空に響く。
 爆発した銃は、琴音の右腕を奪い去り。
 極限状態だった琴音の心と重なり、ショック死を引き起こすには充分だった。

 最後に、琴音は思ったのかもしれない。
 自分は、道具にまで裏切られるのかと。
 それは誰にもわからなかった。

 琴音が倒れる。
 浩之も、あかりも、声の方にいる二つの人影も。
 ただ呆然と、それを見ているしかなかった。

[←Before Page] [Next Page→]