×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ふたりだけのせかい〜world end〜


[Return Index]

「畜生……」
 浩之が呟いた。
「あかり……約束、守れなくて……わりぃ……」
 浩之があかりに笑いかける。
 その笑みに何がこめられているのか、あかりにはわかったかもしれない。
「そんなことないよぉ……ひろゆきちゃんといれて、幸せだったよぉ」
 浩之を抱き締める。
 涙が、あかりの頬から、浩之の頬へと伝わった。
 誰かの声が聞こえる……ような気がした。
 だけど、関係ない。
 ここはふたりだけのせかいだから。
「……さっきは、あんなこと言ったけど……。
 ……あかり、お前、は……生きて……」
「ダメだよぉ、ひろゆきちゃんがいないと、ダメなんだよぉ!」
 叫ぶ。
 あかりは浩之の腹に刺さっていたナイフを抜き、自分へと突き刺した。
 あかりの口から吐かれた血が、浩之の顔にかかる。
「……これで、ひろゆきちゃんと……一緒だよぉ」
 満面の笑み。これ以上ない、幸せな。
「馬鹿……でも、もう……一緒だな……」
 驚きその光景を見つめていたが、浩之は最後にはそう言った。
「……うん、そうだね。
 ひろゆき、ちゃん?」


 これからも、よろしくね?


 最後のキスを。
 二人笑顔で、手を繋いだまま。
 星空の祝福を全身に受けて。
 ふたりの世界は、閉じられた。


「祐介さん。私達のしたことって……何なんでしょう……」
「わからないよ……わからないよ、畜生……」
 止めようとしただけだった。
 人が死ぬのを見るなんて、御免だった。
 だが結果的に、三人の命が失われた。
「……ちくしょう……」
 力なく、拳を地面に叩き付ける。
 夜の闇が、残された者を、祐介と美汐を、包み込んだ。
 残酷に。
 限り無く、残酷に。

【025神岸あかり 074姫川琴音 077藤田浩之 死亡】
【残り45人】
【武器、所持品全て、後の人に任せます。浩之はCD二枚所持】

[←Before Page] [Next Page→]