×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

どこでもいっしょ


[Return Index]

「ねぇ、ジュン」

 夜半、毛布にくるまってうつらうつらしていたところを、宮内レミィ(女子・094番)に声をかけられて、北川潤(男子・029番)は重い頭をあげた。

「ん…なんですレミィ・クリストファー・ヘレン・ミヤウチ」

 まっ暗闇の中、彼と同じように毛布に身体を包んでいるレミィが、毛布の中で北川が抱えているノートパソコンをのぞき込んで尋ねた。

「そのCDって何が入ってるの?」

 そのまま北川にのし掛かるようにして、彼の抱きすくめてるノートをまじまじと見つめるレミィ。彼女の思った以上に豊かで艶のある金髪が北川をなでる。それが彼にはくすぐったくてしょうがなかった。
 少し身体をよじると、北川は適当に答える事にした。

「おかあさんといっしょが入ってる」

「なんデスカそれ?」

 目をキラキラさせてレミィが再度尋ねる。

「何だなんだ。おまえ”おかあさんといっしょ”も知らないのか。あの大スペクタル長編連ドラを知らんのか!」

「うん、だって仕方ないよ…ワタシ、daddyのお仕事ありましたカラ…」

 しゅん、としょげかえるレミィ。彼女のリアクションを目の当たりにして、少し後ろめたい気持ちがありながらも、北川の目元はだらしなく緩んだ。

「そいつはいけないな。この年でじゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりの80年代御三家キャラをしらんようでは、二十一世紀の世知辛い世の中、とてもじゃないが渡っていけない」

「そんな…ワタシまだ死にたくないデス」

「いーやおそらく死ぬ。それも何となく死ぬ。人知れず死ぬ」

「シヌ…」

「死ぬのです。要するにレミィは”おかあさんといっしょ”を知らないという一事だけで死ぬるのです。嗚呼、無知は罪だね、悲しいね」

「ソンナ…」

 レミイは子どもがやるようにいやいや、と頭を振っておびえるような仕草をする。北川にはそんな彼女の反応がいちいち面白くてしょうがない。

「レミィ」

 北川は急に真摯な表情を作ると彼女に呼びかけた。

「ハイ…」

「知りたいか」

「ウン、知りたい」

「本当に知りたいか」

「ホントに知りたいデス」

「その知りたい気持ちを州にたとえると?」

「ユタ」

 きっぱりとレミィは言った。

「ちょっと弱い」

「インジアナ」

 少し考えこむような素振りを見せると、あらためてレミィは言い直した。

「いまいち」

「サスカチュワン」

 かなり困った顔になった。

「さて、寝るか」

「ミシシッピ」

 レミィの目の端に光るものが浮かび上がった。

「それくそゲー」

「ネ…ネブラスカ」

 涙で顔をぐしゃぐしゃにして、かすれ声でレミイは言った。しまった、やりすぎたか、と内心でものすごく狼狽した北川であるが、レミィの素直すぎる反応を見るにつけ、えも言えぬ気分になるのもまた、確かなのであった。

「よろしい。不肖この北川潤が、眠れる子羊ヘレン宮内の蒙を啓いてさしあげよう」

 こほん、とわざとらしく咳払いをすると、北川はゆっくりと語り始めた。

[←Before Page] [Next Page→]