×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

臨戦態勢


[Return Index]

「な……に……?今の……」

入り口の方から、何かを壊したような音……
そして、遅れて銃声――
たいやきの匂いに、校舎の中へと誘われていた理奈は、そこで現実に返る。
「……!!」
殺人ゲーム、その言葉が再度脳裏に浮かんだ。
上等なブーツを脱ぎ捨て――もう見る影もなかったが――靴下だけの身軽な格好になると、
長い直線を一気に駆け、手近な教室へとすべり込む。
もちろん、廊下を走る音を消す為の行為だ。
(敵が…いる…)
それが複数なのかどうかは分からない…分からないが…

廊下の様子を再度慎重に覗き込む。
誰もいない…静寂――
(もう…終わったのかしら?)
そう思いながらも、理奈は廊下に備え付けられていた消火器を手に取り、安全ピンを抜く。
(いざとなれば、目くらまし、殴打武器にもなるだろう)
今度はゆっくりと落ち着いて教室内を見回した。
(窓に…鉄格子!?)
入ってきた時は気づかなかったが、とても人間が出入りできるような窓ではなかった。
10センチ間隔で固い鉄棒が備えられている。
グイッ…グイッ…
ためしにそれを揺らしてみるが、びくともしない。
(もし、まだ終わっていないなら…袋のねずみってわけね…)
恐怖心をかき消すようにゆっくりと深呼吸する。
(ゲームに乗った…乗ってしまった奴が…まだこの中にいる!)
それはただの思いこみではあった。
だが、その可能性を信じない愚か者が真っ先に命を落とす――。
そう結論付けた理奈は、手持ちの武器を確かめて、ゆっくりと戦闘態勢に入った。

教室の前後の入り口の状態、そして鍵の有無を確認する。
鍵をかける――それは愚かな行為だ。
追い詰められたとき、逃げ場がない。
殺してくれと言っているようなものだ。
あいにく、復讐を誓った理奈に自殺願望はない。

次に、床に耳を押し付ける。
階下から、かすかな足音――それが事実なのか錯覚なのか理奈には判断できない。
これだけの静寂の中、極限状態の理奈があるはずのない音を聞いてしまう可能性。
ないと言いきれるだろうか。
理奈はその行為をあきらめると、次は窓の外を、眼下に広がる世界を覗き込む。
もちろん、外からは見つかりにくいように慎重に。
校庭に一人の少女の姿が見えた。
暗がりの中、かろうじて長い髪の女性だろうと判別する。
校舎の周りを、入り口を探すように調べている。
(まさか…入り口がふさがれているの?)
――何故入ろうとしているかは謎だったが――
鉄格子で窓がすべてふさがれているとすれば…入るのは昇降口しかない。
だが、その少女(だと理奈は判断した)はそこから入ろうとしていない。
(だめね…早急すぎるわ、結果を出すには)
一通り状況確認すると、理奈は扉の外を慎重に伺い、そして……
何かのきっかけがくるのを待った。
それは銃声か、足音か、誰かとの遭遇か、
理奈にもまだ分からなかった。

013 緒方理奈 【消火器入手】現在2F通常教室内

[←Before Page] [Next Page→]