×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

形而下の戦い〜去り際〜


[Return Index]

「時間をとってしまったようだな、恐らくこうしてる間にも巳間の妹は歩んでいるはずだ。
 もしそれを止められるのなら、ぜひ、そうしてやってくれ」

「はい」

「僕ももう行こう。まだまだすることは多そうだ。
 縁があったらまた遭おう。
 ところで、郁未には逢ったかい?

「いえ、まだ……」

「そうか。もし逢ったら、僕は高槻を討ちにいくことを伝えておいてくれ」

「……私も同じことを頼もうとしていたのですよ」
少年は目をぱちくりとした。
その表情があまりにも滑稽で、葉子はクスっと笑ってしまった。

「そうかい、ふふ。じゃあ、お互いそうすることにしよう。
 じゃあ、ここでお別れだ。
 無事に再会出来ることを願っているよ」

少年はすっ、と茂みの中へ入っていく。

「……クローンの高槻に気をつけて下さい。
 伏兵は、どこに潜んでいるか分かりません」

去り際の少年に向かって葉子は言った。

後ろを向いたまま、少年は片手を振ってそれに応じた。

そして、直に葉子も立ち去った。


後に残されたのは、二つの墓標だけ。
片方には枝が、片方には花が捧げられている。
何も残らない狂った戦場の片隅で、静かに、とても静かに眠る二人。

埋葬という言葉が、なぜだか今の葉子には、とても暖かく感じられていた。

[←Before Page] [Next Page→]