×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「……あなたですか」
 踊り場から声をかける茜。
 一階には、前に会った少女。
 名前を、茜は知らなかった。
「死んで貰うわ。あの時、私を殺さなかったことを後悔するのね」
「……だから、勘違いです」
「黙りなさい。言い訳なんて見苦しいわよ」
 理奈は相当疲れてはいたものの、瞳だけは獲物を前にした獣のようにギラついていた。
 茜は内心溜息をついた。
(……今日は、私、甘すぎるみたいです)

「行くわよ」
 言うなり、理奈は消火器のホースを茜に向け、発射した。
 たちまち周囲は粉末で埋め尽くされ、視界は真っ白になった。
 このまま出鱈目に銃を撃つべきか。
 それとも、一旦下がるか。
 茜はどちらも選ばなかった。
 消火器から発射されるや否や階段を数段降り、手すりを飛び越え1階に着地した。
 こちらの視界が封じられるということは、相手からも見えないはず。
 そう判断し、一気に裏に回りこもうとしたのだ。
 着地の衝撃で足が痛むが、大したことはない。
 階段の方を見ると……そこに理奈はいなかった。

 消火器を発射するやすぐに、理奈は右手にナイフを持ち、左脇に消火器を抱えた状態で階段を駆け上がった。
 銃で撃たれる危険性は考えなかった。
 もとより分の悪い勝負だ、このくらいのギャンブルは仕方がなかった。
 死んだら死んだで、運がなかったのだ。
 だが、そこに茜はいなかった。
「!?」
 それを確認した瞬間、反射的に消火器を後ろに放り投げた。
 すぐさま振り向き、階下を見る。

 ガァァン!!

 不意をつかれた茜が、消火器を避けていた。
「なんで当たらないのよっ!」
 悪態をつきながら、ナイフを構え、階段を駆け降りた。

 銃を構えた途端、上から消火器が飛んできた。
「……っ!」
 すんでのところで、飛び退き、かわす。
 理奈は既に、ナイフを持って階段を駆け降りてきている。
 理奈に向かい銃を構え、何度も発砲する。
 そのどれもが当たらなかった。
 考えてみれば、まともに向かってくる人間に向けて銃を撃ったことはあまりない。
 昨日始めて銃を持った人間が、動き、自分を狙う標的を簡単にしとめられるわけはなかった。
 それでも、近くにこればそれだけ当たり易くもなる。
 何度目かの発砲で、ついに、理奈の左肩を捕らえた。

 痛みが走る。そんなものが何だ。
 兄さんの味わった苦しみに比べたら――
 撃たれてもなお理奈は走り、間合いに入った途端にナイフを振るった。
 ギリギリ、かわされる。
 相手も流石に馬鹿ではない、壁側に避けてくれればよかったが、廊下側に移動されてしまった。
 が、懐に入り連続でナイフを振るえば、自分の有利には変わりない。
 反撃の隙を与えず、ただひたすら、ナイフを振り続ける。
 刃を撃つチャンスは一度。
 もし外せば、
(終わりね……)

(……何か狙っているんですか?)
 右へ左へ、反射だけでナイフを辛うじて避けている。
 こんな状態では、銃で狙えやしない。
 一度無理に撃とうとしたが、その瞬間に右腕を狙われていた。
 腕にわずかに切り傷ができている。
(……毒でも塗ってるわけじゃないようです。
 ……もしそうだったら、この傷だけで致命傷ですから、退いているはずです)
 思考だけは、相変わらず冷静だった。
(……相手の狙いをかわせば、おそらく私の勝ちです。
 ……かわせなければ、負けです)
 必死にかわしながら、相手を観察する。
 汗が浮かぶ、疲れも出てきた。
 それでも冷静に相手を見る。
 武器はナイフ一本、左手は動作に流されている。
 左手で何かを狙っているようには思えない。
 だからといって、ナイフで隙を作るような攻撃もしていない。
(……流れに任せて、チャンスを待っている?
 ……隙ができるのを? 違う、もっと別の何か)
 相手の武器はナイフだけ……ナイフ?
 そういえば、何かで見たことがあった。
 ナイフの中にも、確か――
 次の瞬間、茜がわずかに、ほんの少し大きく後ろに下がった。
 理奈の目が光った気がした。

 ナイフを降り始めて数十秒。
 その瞬間が始めてやってきた。
 相手に悟られてはならなかった。
 だから理奈はあえて自分から狙おうとせず、ただ偶然を待った。
 流れに乗ったナイフが、茜の胸の正面を通り過ぎる瞬間を。
 訪れるチャンスを見逃すはずはなかった。
(当たって!!)
 ナイフのスイッチを、理奈は押した。

 ダンッ!

 茜が大きく後ろにのけぞって――
 そのまま体制を立て直した。
 少し遅れて、刃が床を転がる音。
 寸前で、銃のグリップで飛んできた刃を弾いたのだ。
 狙っても簡単にできることではない。
 最後は結局、偶然だ。
 運命の神様は自分に微笑んでくれた。

 ダンッ。

 発砲。
 今度こそ、理奈を捕らえた。
 腹を押さえて、理奈はゆっくりと、その場に崩れた。

[←Before Page] [Next Page→]