×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

とりあえず、出ませんか?


[Return Index]

「……その人の名前、何て言うんですか?」
 短刀を持って殺気立っているなつみに、茜は訊ねた。
「宮田健太郎……」
「……宮田……?」
 記憶を掘り起こす。
 最初の死亡放送で、確かそのような名前があった気がした。
 その放送で、男と思われる名前はその一つ。
 そして茜は、放送以前に、一人の男を殺害していた。
(……まさか、本当に私が……?)
 僅かに動揺する。
 普段から感情を表に出すこともなく、今度もバレないだろうと踏んでいたが、
「やっぱり、あなたなのね……店長さんを殺したのは……」
 簡単に見破られていた。
「……そうみたいです」
 シラを切り通すこともできたが、そんなことをしても意味はなさそうだった。
「ようやく見つけたよ、ココロ。
 一緒に、店長さんの仇を討とうね?」
 短刀を撫で、茜に襲い掛かった。
 その腕は、震えていた。

 慌てず騒がず、茜は手榴弾の安全ピンを抜いた。
「……離れて下さい」
 それだけ言い、壁に向かって投げ付ける。
 同時に、廊下の反対方向へ走った。
 できるだけ、出来る限り、速く。
 そして、その場に伏せた。
 ドォォォォン!
 次の瞬間、爆発。衝撃が茜となつみを襲った。

「……ふぅ」
 起き上がり、手榴弾を投げ付けた壁を見る。
 壁は見事に破壊され、外へと大きな大穴を開けていた。
「……あの人は無事ですか?」
 すぐに、廊下の向こうに見つかった。
 短刀を取り落としている。
 それを拾おうと、茜は走った。
 なつみも遅れて手をのばす。
 なつみが一瞬早く短刀を拾い上げ、
 その手を、茜は蹴り飛ばした。
 カランという音を立てて短刀が転がり、今度は茜が拾いなおす。
 短刀の先をなつみに向けて……なつみは床に座り込み、泣いていた。

「終わっちゃったね、ココロ。
 私の居場所を奪った人を。店長さんの仇をとろうとしたのに。
 終わっちゃったね……」
 茜の方を見ようともしなかった。
 ただ俯き、呟く。
 雫が頬を伝って床に落ちた。
 茜は無言でそれを見つめ、短刀をしまった。
 壁に空いた大穴を指し、一言。

「とりあえず、出ませんか?」

[←Before Page] [Next Page→]