×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今度会うときは……


[Return Index]

「どうして殺さないの?」
 校庭に出たなつみは、まず最初に訊いた。
 曰くこの女、血も涙もない殺人鬼だそうではないか。
 それに、健太郎を殺してもいるのだ。
 何故自分が殺されないのか、わからなかった。
「……武器は奪いました。あなたはもう戦えません。
 ……だから、殺さなくてもいいんです」
 なつみの先を歩き、言う。
 視線は前を向いており、なつみの方を見ていない。
 それは余裕か、信頼か。
「……それに、疲れました。
 ……たい焼き、食べ損ねましたから」
 笑う。
 その笑顔は、なつみには見えない。
「甘いわね」
「……はい。今日、何度も思いました。
 ……だけど……」
 脳裏に、祐一の顔が、詩子の顔が浮かぶ。
「……これが、私です。
 ……さっきの人も一度殺せなくて、それでまた襲われましたけど。
 ……多分、これでいいんです」
「でも、結局あなたが殺したんでしょ?」
「……だから」
 始めて、茜は振り向いた。
「……今度会うとき、それでもまだ私を狙うなら。
 ……震えもせず、本気で私を狙うなら、容赦はしません」
 瞳に冷たい色が宿る。
 なつみはそれを見た上で、言った。

「今度会うときは……殺すから」

 二人は別々の方向に走り出す。

 何を言われようとも、なつみは茜を許すつもりはなかった。
 この手で殺したいと思い、今度会うときは、遅れをとらないよう――

 私の居場所を奪った人。
 なつみは茜をそう言った。
 茜の脳裏に、一人の女の子の顔が浮かぶ。
(……私の居場所を奪った人。
 ……もう、いない)
 茜の居場所は他にもあった。
 しかし、一番居心地のいいあの瞬間は、もうなかった。
 それでも、諦めきれない。
 誰もあの人のことを覚えていないから。
 言っても信じて貰えないから。
 だから、待ち続ける。
 誰か、この苦しみから開放してくれないだろうか。
 ふと、祐一の顔が浮かび、慌ててその影を消す。
 開放されることは、あの人への裏切りだ。
 それでも――

 今度会うときは、祐一は自分に、何を与えるのだろう――

[←Before Page] [Next Page→]