×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新たなる生きがい


[Return Index]

(さて……どうすべきか…)
弥生は機関銃を片手に、民家の中へと入る。
森、山を抜けた所にある小さな集落。
その中では恐らく一番の大きな家。

誰もいない。人の気配も足跡もない。
「ふう…」と息を吐いて、弥生は横のガレージへと入り込んだ。
中には古ぼけた車(暗くて色までは判別不能だ)が止まっていた。
何故か鍵が開いていたドアを開き、そして腰を下ろす。
カチッ……
普段は吸わない煙草――バージニア・スリム――の箱を開封し、そっと火をつける。
小さな明かりがガレージの闇の中にぽっと浮かんだ。

脱出の為に弥生が考えていることは二つ。
脱出への道を模索し、黒幕をぶち倒すか、
ゲームの主旨に乗っ取って、全員殺してここをでるか。
生きて帰れるならば前者、後者のどちらを選んでもよかった。
……もう、弥生に守るべきに値するような知り合いは理奈しかいない。
だが、その理奈も弥生にとっては他人同然の付き合いでしかないのだ。
(その理奈もすでに死んでいるのだが、そこまではまだ弥生は知らなかった)
ここで考えるべきは効率――果たしてどちらを選ぶのが賢いか。

「ごほっ…」
慣れない紫煙に巻かれ、少し咳き込む。
「ダメですね…やはり…」
弥生は闇の中苦笑する。
「現実的に考えれば…どうすればいいか決まっています……」
紫煙と、かすかに浮かんだ涙が傷ついた目に染みた。

脱出へのリスクを考えれば、おのずと答えは見える。
守るべき者がいない以上、ゲームに乗ったほうが現実的だ。
胃爆弾、閉鎖された孤島、戦力の見えない敵――
さらには、信用、信頼できるような生き残り――協力者がいない。
下手に信頼して寝首をかかれてはそれこそ笑い話だ。
これだけの材料が揃っている今、この場で反抗する気にはなれなかった。

「生きて帰ると決めた以上、犬死はできません」
既に人を殺めている弥生は、最後の良心の抵抗を押さえきり、言った。
生きて帰り、することがある。
恐らくは由綺の代わりに誰かをスターへと押し上げることはもうできないだろう
そしてする気にもならないだろう。
由綺の代わりなど誰にもできないのだから。
帰ってからやるべきことは、復讐――
自分のつくりあげてきたコネや、地位を利用して、黒幕を糾弾、あるいは殺す――。
必ず、どんな手段を用いても奴等を追いつめる――
「ある意味感謝しなければならないのかもしれませんね。
 私に――新たなる生きがいをくれたのですから」

それに由綺、冬弥が死んでも、もしかしたらあの約束は有効かもしれない。
十人…いや、あと六人殺すだけで自分は生きて帰れるかもしれない。
――二人が死んだ今となっては、まったく信用できない話だとは思えるが――

「できれば理奈さんは保護したい所ですね……」
そう言いながら、もう一度だけ大きく煙草を吸って――吐いた。
もう咳き込みはしなかったが、また少しだけ傷に涙が染みた。

[←Before Page] [Next Page→]